裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

キューバの通貨は混乱しやすい!?

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

キューバ旅で最初に悩まされるのが通貨。
外国人用のcuc(セウセ)と現地人の通貨(人民ペソ)が分かれており、これがいわゆる外国人だけが高い二重価格に感じるのだが、厳密にいうと違うみたいな…。

1cucは約25人民ペソ。
で、勘違いしがちなのが外国人はキューバ人の25倍払うということ。
たとえば「現地民が2人民ペソ払う場面で、外国人は2cuc(=約50人民ぺソ)払う」みたいな通貨だけすり替えだと思い込むこと。

これが違って、そもそもcucと人民ペソが使える場所が分かれている。バス会社とか宿とかレストラン、雑貨店、酒屋とか、当然cucが使える場所の価格設定は人民ペソ相場に比べてかなり高額。
これが同じ内容で高額なだけだと、理不尽に外国人高い!になるけど、内容も違う。例えばcuc雑貨店では人民ペソのお店で売ってないような外国製のお菓子とか食材とかお酒とかが買えるし、宿も外国人が泊まれるレベルを保ってるらしい(設備とか食事とか)。
*あんまなさそうだが、もし同じものが売ってたら、同じ金額に換算してある。ビールとか。

つまり外国人観光客を保護している(?)らしいキューバでは、外国人は高い金を出して、高品質の宿やもの、交通手段を利用できるというわけ。強制的に高額なリゾート旅をさせられるみたいな…(いや、そんな優雅なもんじゃないかもしれないが)

原則ではcucは外国人、人民ペソはキューバ人しか使えないことになってると思うので、ここから外国人は物価が高いという話になる。

だけど、実は外国人でも人民ペソを手に入れることはでき、人民ペソが使える場所もある(本当は駄目なんだろうが…)。
両替屋で両替するとか、あるいは人民ペソのお店でcuc出して人民ペソでおつりもらうとか…(人民ペソ払いに限るちゃんとした店もある)。
ただ、長距離バスとか宿みたいに旅のコアな部分はcuc払いに限られるので、まあ高く感じることには変わりないんだけどね。

逆にいうと、キューバ人でもcucショップでcucを使って高い買い物ができる。
もちろん外国人観光客相手に商売してるような、ある程度裕福な層がほとんどなんだろうけど。

この仕組みとがわからないと、うっかり2ペソで売ってるものに2cuc(=約50人民ペソ)払って、そのまま取られてしまう人なんかもいる、というか実際にいた。
ここで1cuc出して23とか22(レートの関係で)人民ペソのおつりを受け取ればいいんだけど…。

あるいはcucの酒屋で1cucのビールに1人民ペソ出してみたりする人もいた(当然拒否される)。ちなみにcucショップの場合は確実にcucしか使えない→この場合同じ金額の25人民ペソ(=1cuc)出してもうけとってもらえない。

まあ、ここらへんは何日か滞在すれば、感覚的につかめるんじゃないだろうか。
人によっては仕組みを理解する以前に「どこがcuc払いで、どこが人民ペソ払いか分からん」という人もいたけど…。

c0031296_5363042.jpg人民ペソショップ。基本的に商品が少ない。

c0031296_5365122.jpgおそらくcucショップ

c0031296_5371125.jpgcucスーパーにむらがるキューバ人。中は写せなかったけど、缶詰やらチーズやら普段手に入りそうにないものがたくさんあったような…。

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-07 05:35 | 2009.3メキシコ・ガテ

キューバ(4/21-4/28)

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

キューバへ行こうと思ったのは、メキシコinoutでルートを考えていたとき、帰りがカンクン発→じゃ、キューバ近いじゃん!というのが理由。

まだまだ社会主義が根強い国ってのは一度行ってみたかった。
ベトナムやラオスは何度も行ってるが、旅していて社会主義を感じることはほとんどないし。ま、中国は愛想の悪さにたまに感じることもあるが…。

ただ、キューバは情報が少なく、飛行機で入国しないといけない(渡航費が高い)、物価が高い、外国人旅行者は(他の国ほど)自由に旅できないというイメージがあったので、「お金と時間に余裕があれば…」というつもりだった。

で、行ってきたわけだが、行くといろいろ他の場所も行きたくなる。まあどの国もそうだけどね。
特に田舎の方。
私は歩き方のコピーしか持ってなくて、ハバナ、トリニダーとかメジャーな場所しか分からなかったけどロンプラにはもう少し詳しくいろいろ載ってるみたいだし(実際、歩き方キューバ編は使えないという噂が多かった。でもあるだけましだけどね)。

ただ、外国人は交通手段が制限されているので、田舎の方までバス網があるのかによると思うけど。ド田舎はないだろうなー。ていうか宿もなさそう(ちなみに宿も外国人が泊まれる宿しか駄目)。

こういう話をすると、裏で商売してる人がいるんじゃない?ということになるが(チベットの闇バスみたいな…)、実際、私も近距離で白タクに乗ったし、闇カーサ(宿)もないことはないらしい。
が、それはメジャーな観光地の話だし、キューバでは一般人と外国人が接するのに制限があるらしく…。
例えば一緒に歩いていて警官に呼び止められ、その際、こちらが「こんな人知らない」とか言うだけで、そのキューバ人はつかまってしまうらしい(友人ならいい)。だから資格のないのに外国人相手に商売したことがばれると、けっこうな罰則が待ってるのではないかと…。(これは"友人"でも駄目だろうし)

そう思うと、外国人からたかろうとして近づいてくるような奴は別として、うかつに善意の人の好意に甘えることはしづらいよね。

ただこの「外国人はどこまで許されるのか」という境目みたいなのは非常に分かりにくい。闇カーサは確実に駄目だろうけど、交通手段とかね。けっこう好奇心がわくので、自分なりに大丈夫な範囲を試してみた。

ちなみに私が行ったルートは
ハバナ(2泊)

サンタクララ(ゲバラのお墓がある場所・1泊)

トリニダー(2泊)

ハバナ(2泊)

c0031296_534344.jpgキューバと言えばチェ・ゲバラという日本人もけっこういた。町中にはそこここにゲバラの顔が描かれている。

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-06 05:33 | 2009.3メキシコ・ガテ

メキシコ/カンクンでキューバチケット入手&両替

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

カンクン到着が土曜の夜遅くで翌日は日曜日。
旅行代理店は休みでチケット買えず。
いつも国境を週末に越えて両替やらこんなことやらで時間を無駄にするはめになる。
ま、空港へ行けば買えるんだろうけど、正規料金より代理店の方が安いのかと思い…(実際はそう変わりなかったのかも??比べてないけど)

キューバ行きのチケットはクバーナ(キューバ航空)とメヒカーナ。飛行機苦手の私は多少料金高くともメヒカーナ希望。

結局、月曜日にHISとメキシコ観光で料金を聞いて、メヒカーナはメキシコ観光の方が安かったので翌日のチケットを購入。
ちなみに旅行代理店が見つからなかったので歩き方に載ってたオフィスで買ったけど、後ほどバスターミナル近くに数軒並んでるのを見つけた。他の人に聞いた限りではそんなに変わらなかったかな。まあ日本語で買えたからよしとする。


キューバ行きのチケット料金の比較の際に注意することひとつ。
キューバはビザが必要でこれが確か20ドルで、しかもメキシコの出国税(カンクン)は25ドル。

これがチケット料金に含まれてるか否かで大きく違ってくるので、料金明細をちゃんと確認すること。
私が聞いたときは確かクバーナは出国税が含まれず、メヒカーナは含まれていたので、結局料金差が縮まった。
ま、それでもメヒカーナの方が高いけどね。全部で400ドルは切ってたくらいかな。
何よりありがたかったのは、現金の手持ちが少ない私にとって出国税も含めてカード払いできたこと。手数料かかっても現金の出費が少ない方がありがたかった。

チケット入手後の問題は両替。
キューバでは米ドルは不利(為替レートが悪く両替手数料も高いのではないかと…)。しかも現金でなくt/cなので両替できるかどうかも怪しい。

てことで米ドルt/cをユーロに両替。
正しくは一旦ペソにしてユーロに再両替(=為替手数料がそれぞれかかる)。
これを銀行員に理解してもらうのに少々時間がかかった。
しかもユーロ両替は最低が5ユーロ紙幣で、端数を切り捨てられそうになったし…。端数はほぼ5ユーロだったので、おつりはペソで要求。てか要求しないとくれないって…。

c0031296_647562.jpgとりあえずカンクンの海だけ見に行った。ホテルゾーンへはバスが出ていて、ホテルの合間から海に入れる場所がある。

c0031296_6481885.jpg天気悪くてもミルキーなブルーでちょっと感激もの。さすがリゾートで有名なカリブ海。波は高かったけどね。

c0031296_6483978.jpgキューバ行きの飛行機の中からみたカンクンの海。

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-05 06:46 | 2009.3メキシコ・ガテ

メキシコ/カンクンへ(4/18-4/21)

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

カンクンまではベリーズシティから国境のチュトマルへバスが出ていて、そこでさらにバスを乗り継ぐ。

朝6時半のボートでベリーズシティへ。
バス乗り場まで歩いて8時のバスで国境まで。
このバスはイミグレ通過してチュトマルのバスターミナルまで行くが、例のベリーズドルの両替はここが最後のチャンスだったのに(このときは知らなかったけどね)、レートが悪く、しかもバスに乗ってた外国人が私だけで、ただでさえイミグレ通過で待たせていたので両替せずにバスに戻った。ちょっと後悔。

ちなみに入国の際のビザも高いが、出る場合も出国税と手数料で37.5ベリーズドル(約19米ドル)取られる…。これがあったから残額を両替しなかったんだけど、残しすぎた…。

で、チュトマルのバスターミナルへ着くと、どうもここは近距離(?)バス用でカンクンは郊外のターミナルの方だと言われ…。
んで、そのターミナルではすぐ出発できるバスは満席で、とりあえず乗れるバスのチケットを買ったわけだが、2時間半後で…。

こりゃーカンクン到着は遅くなるなーと思ってしばしイスでぼーっとしてると、どうも何かおかしいと感じ始めた。

その原因はサマータイム。
メキシコを出たときはガテやベリーズと同じ時間だったが、途中でメキシコだけサマータイムになり時計が1時間進んでいたのだ。
危ない、危ない。
うっかりターミナルの外に出なくてよかったー。
待ち時間が減ったのはいいけどね。

そしてカンクン到着夜10時くらい。
都会なのでこの時間の到着でも明るいけど、宿探しするには遅すぎる。場所がわかっていたセントロ(リゾートエリアでない)日本人宿のカーサ吉田へ。
確かドミ10ドル(レートの関係でペソ払いならもう少し安い)だけど、物価の高いカンクンでは非常にありがたい宿。

c0031296_6451841.jpgベリーズシティ行きはこんなボート。

c0031296_6453731.jpgカーサ吉田は猫が多いと聞いていて楽しみにしてたのだが、現在庭には出さなくなっていた。その変わり隣の猫がたまに乱入。なつっこいかわいい子だった。

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-04 06:44 | 2009.3メキシコ・ガテ

ベリーズ/予定外にキーカーカーでもう一日過ごすことに…

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

実はシュノーケリングツアーの翌日、メキシコへ向けて出発の予定だったが、日焼けがすごくてザックを背負うどころじゃない。

つーか背中が痛くて寝れないって何年ぶりだよ???

シュノーケリングは基本、海面に浮かんでいるので体の裏側にもろ日差しが当たる。
ライフジャケットをつけずに、半分スキンダイビングのようになってる人は別として…。

そんなことで出発を一日延ばし、パンとフルーツ、途中で見つけた古本屋で「地球の歩き方ペルーボリビア編」を入手し、南米旅行に思いをはせながら北側の小さなビーチでのんびり過ごした。

ちなみにこの「地球の歩き方」は8米ドル!
古本にしては高いが、この旅唯一古本屋で見つけた日本語の本なので購入。持っていた地球の歩き方メキシコと中米は読みつくしていたので、何か他のものが読みたくてたまらなかった。
それがまた地球の歩き方であろうとありがたい。
ただし、その歩き方はメインのペルーの地図がところどころ切り取られていたけど…。地図見るの好きなんだけどまあ仕方ない。

c0031296_6424893.jpg記念の背中写真。上半身裸でセルフで何回も撮りなおして「いったい何やってるんだ」と思いながら…。ちなみにまだ跡が残ってる。

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-03 06:41 | 2009.3メキシコ・ガテ

ベリーズ/サンペドロの海

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

この日は快晴で、サンペドロの海がきれいだった~。
ここはキーカーカーより栄えてるので、便利なとこがいいならこちらかな。
私はのんびり派なのでキーカーカーの方がいいけど。

c0031296_12445455.jpgやはり桟橋は多い。

c0031296_12451346.jpg魚とり。こんな場所でもけっこう小魚がとれてるっぽい。

c0031296_1245292.jpg魚というよりこの日差しを見て欲しい。

c0031296_12454672.jpg桟橋付近では地元の子供がよく泳いでいる。

c0031296_124679.jpg

c0031296_1246167.jpg

c0031296_1246261.jpgビーチで目立ってたこじゃれカフェ。バリ島あたりにありそう。

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-02 12:43 | 2009.3メキシコ・ガテ

ベリーズ/キーカーカーでシュノーケリング

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

キーカーカーから行くシュノーケリングツアーはたいていどこも同じ。1日ツアーは10時半~16時半(実際は11時~16時だった)で、ホール・チェン海洋保護区へ行き、お昼はサンペドロに寄るもの。
料金は若干差があって40米ドル前後。
この差は?と聞いたところ、会社が違うといわれた。
ごもっとも。
内容的にはそう差はないんだろう。

私が参加したツアーは3ポイントでシュノーケリング。
最初にサメやエイの大型魚とたわむれて、次がカラフル小魚&サンゴ礁、最後も魚たちって感じだった。

最初はサメ?エイ?
私はきれいな魚がみたいんじゃ、と思ったけど、間近で見てしかもガイドがつかまえて触らせてくれたりもしたので思いのほか楽しめた。海ガメもいたし…。
水玉のエイとかけっこうかわいいし…。
ガイドもいろいろ説明してくれた。
覚えてないし、近くにいないと聞こえないんだけどね。

次のポイントの魚とサンゴもとってもきれいだった。
シュノーケリングってバリ島で2回くらい行ったことあるけど、こっちはだいぶ沖に出てるので、やっぱ見れる魚の量が違うわ。

c0031296_12404549.jpg水中カメラがないので、船上からとれたのはサメだけ。人を襲うサメではないけど、この中に一番に入るのは少々勇気が必要。

c0031296_1241352.jpg

c0031296_12411350.jpgサンペドロ。キーカーカーより高級?リゾート地。

c0031296_12413116.jpgここらへんは車はすべてゴルフカート(かな?)らしい。多分電動なので環境にはいい?

c0031296_1241479.jpg墓もキーカーカーより高級っぽい?

[PR]
# by uraniwaneko | 2009-08-01 12:39 | 2009.3メキシコ・ガテ

ベリーズ/ベリーズ通貨で混乱

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

ベリーズの通貨はベリーズドル(=0.5米ドル)だが、米ドルもそのまま使える。ただ、私はすでに現金の持ち合わせがほとんどなかったので、米ドルt/cを両替した。為替は固定だが手数料がかかる(そりゃそうだろうが)。
この際、米ドルをもらうこともできるようで、当然t/c→ベリーズドル→米ドル分と両替が2回になるので手数料が増えると思われる。

私はベリーズドルでもらって、100ドルt/cしかもってなかったため、結局両替が多くてベリーズドルが余ったのだが、どうやら国外で両替できないらしく、いまだに50ベリーズドル持ってる(25米ドル)。マレーシアみたいに国外持ち出し禁止通貨なのか?

メキシコ国境で両替屋が低いレートで両替してたが、むしろそこで替えておけばよかった。もちろん時間があったら銀行がいい。ていうか米ドル現金を持ってればいいわけだけど。
ベリーズ行くなら要注意。

ちなみに小さな町で、便利とはいいがたいが、銀行は1~2軒あった。

で、米ドルがそのまま使えるせいで最初は少々混乱した。
ラオスとかカンボジア、ベトナムなどでは米ドルがそのまま使えても、もともとの通貨と桁や通貨単位(リエル、キップとか)が大きく違うので間違うことはないけど、ベリーズドルは「ダラー」だし、米ドルの1/2だから桁も変わらず…。
人々はたいていベリーズドルの方で言っていて、私はダラー=米ドルと思って、しかも物価が高いという印象があるもんだから、余計誤解した。

たとえば宿。
桟橋に客引きに来てたおじさんが「日本人もよくとまるよ(=安いと思われる)」とつれてってくれた宿で言われた料金が30ドル。
くたびれてシャワー共同の割に「高い!」と出てきてしまったが、よく考えるとあれはベリーズドルだったのでは?みたいな…(つまり15米ドル=キーカーカーではけっこう安い)。

ま、その宿は内側に入ったエリアにあって、料金倍になっても海の目の前の宿に泊まれた方がよかったので、よしとしたが…。
ついでにいうと、海の目の前で便利な真ん中くらいのエリアにある、こぎれいな宿はおそらく最低でも50~60米ドルはすると思われる。
[PR]
# by uraniwaneko | 2009-07-31 14:01 | 2009.3メキシコ・ガテ

ベリーズ/キーカーカー風景

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

c0031296_13575477.jpgメインストリートはこんな感じの未舗装路。のんびり海辺の町っぽい。

c0031296_13581482.jpgアジアのゲストハウスみたいな宿。ちょっと内側に入ると(海はすぐ)こんな感じの宿もちらほら。

c0031296_13583461.jpgテイクアウト屋。多分ここも華僑系。シチューチキン。おいしかった(7ベリーズドル)。これ以外はおいしいパン屋が重宝。

c0031296_13585213.jpg午前中しかやってないコーヒー屋。コーヒーが(比較的安く)飲める店が少なく、早朝開いてるのはここだけだったような…。1.5ベリースドル。

c0031296_13591464.jpgなつっこい子犬発見。

c0031296_13592913.jpg
[PR]
# by uraniwaneko | 2009-07-30 13:57 | 2009.3メキシコ・ガテ

ベリーズ/キーカーカー(4/15-4/18)

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

プラセンシアはビーチが続いていたが、キーカーカーは桟橋が続いている。桟橋周辺は海草がけっこう生えていて、底もぬかるんでいるので泳ぐのには向いていない。
北の端っこに小さな小さなビーチがあって、そこに人々が集まって日光浴したり泳いでいたりしているよう。(海に入るときはカメラを持っていかないのでここらへんの写真は残念ながらない)

ただ、天気のせいもあるが、プラセンシアより透明度が高い気がした。

やはり小さな町で、私が泊まったのは南の端の方だが、そこから北の端までゆっくり歩いて15分くらい?
真ん中から北の方がレストランとかバーがありそう。
夜は部屋にいたのでどんな感じか知らんけど。

中国人がやってるスーパー、雑貨屋が数軒あり、ビールなどはそこで調達。ただし、プラセンシアよりツーリストが多いせいか値段が高め。
店によっても違う。

ちなみにこの中国人は香港系の人らしい。
ベリーズは元イギリスの植民地で、香港返還時にベリーズに移住してきた人が商売を始めたとか。東南アジアも同じだけど、華僑は商売上手。そのせいでうらまれている面もあるのか、日本人(というか東洋人)がベリーズで嫌われていると噂で聞いていた。

私は「ジャパニー、元気か?」「ジャパニー、このタコスうまいぜ、食ってみろよ」とか声かけられて、あんまり日本人嫌われているという印象はなかったけど。
1回スーパーで「チノ!」と子供に言われたくらい。ま、このくらいはね…このあたりではどこでもあるし。

c0031296_1354532.jpg桟橋で魚さばいてる人の後ろに大きな鳥が集まってくる。

c0031296_1354221.jpgこんな感じで桟橋のある風景がずっと続く。

c0031296_13544130.jpg早朝の誰もいない風景はほんと静か。

c0031296_13545274.jpg

c0031296_13551285.jpgまだちょっと雲は多め。日の出のころ。

c0031296_1355312.jpg違う日。


[PR]
# by uraniwaneko | 2009-07-29 13:53 | 2009.3メキシコ・ガテ