人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サンタクララの宿

サンタクララに到着して、ゲバラの墓に向かってる途中、他の二人とカンクンの宿で一緒だったTさんと遭遇した。

そこで宿情報をもらい、結局Tさんと同じカーサに泊まった。

中心からは少し離れているが別に不便はない。
ちなみに周囲にもカーサはそこそこあるようだ。

部屋はそれほど広くないが、清潔で、料金も二食付で20cucだった。(これは後ほど実は25だったことが分かって少々もめたがスペイン語に堪能なTさんが交渉してくれた。感謝)

そして何より、ここ、食事が一番おいしかった!
宿主のミゲルが料理上手で、特にフリホーレス。
数種類のスパイスと煮込んであって、ちょっとインドのカレーっぽい感じでパンやライスはもちろん、野菜とかにつけてもどんどんお腹に入ってしまう。
夜はTさんと一緒に旅話などしつつ、食事を堪能。
彼女はアルゼンチンに留学経験があり、南米の話を聞くのが楽しかった。

c0031296_858721.jpgミゲル。もう1泊すれば飲みに連れて行ってやるのにと言われ、それも心ひかれた(笑)。

c0031296_8584988.jpgラブリーな部屋。客室は2室で、もう片方の方が広く、冷蔵庫もついていた。でも料金は一緒。部屋の配置が少々おかしく、その片方の部屋を通って出入りする仕組みになっていた。

c0031296_859953.jpg食事は屋上で。風が強くても屋上(笑)。この人たちはミゲルの知り合いで真ん中は一緒に宿をやってる別れた奥さん。短髪でけっこう男前。ミゲルより…

c0031296_8593197.jpgフリホーレス。見た目じゃわからんが絶品。

c0031296_8594960.jpg肉もやわらかくてうまかった。こんないいものじゃなくてもいいけど、外国人にはいい食事を出さないと駄目だから仕方ないんだろうね。

c0031296_90886.jpg朝食。いい天気の中、外で食べるのは気持ちいい。この朝食後、Tさんはハバナへ向かった。

c0031296_902731.jpg外観はこんな感じ。宿をやり始めたばかりなのか鍵をもらえず、いちいち開けてもらわなくてはいけなかった。それはちと面倒。


by uraniwaneko | 2010-01-29 08:57 | 2009.3メキシコ・ガテ

サンタクララで馬車に乗る

サンタクララからトリニダーに移動するときにちょっとだけ馬車に乗った。

明らかに外国人は乗れない乗り物だろうけど、勢いで…。

というのも、バスターミナルまでデジカメ片手に写真撮りながら歩いていて、途中でまったく時間が足りなくなってしまい…。(やっぱ遠い…)
バスは1日1本で逃せばまた1泊するしかなく、あせってタクシーを捜すもまったく来ない。もう目の前に来た馬車に乗るしかないじゃん!
と止めてみたら、あせってるのが分かったのか意外と簡単に乗せてくれた。満員だったが乗客の人々も少しずつ私の場所を開けてくれたり…。私のデジカメを珍しそうに見て笑いかけてくれたり…。

なんだか心やすらぐひととき。

だったんだけど、馬車って「ハイヤーッ(時代劇ね)」みたいに行かず、ポックポックポックってな感じで進むわけ。
明らかに歩くのとそうたいしてスピードが変わらず、しかもバスターミナルまで行かず(一応、乗るときに確かめたけどね)。

あと5分もない!
ちょーあせって、結局、声かけてきた白タクで行ってぎりぎり間に合ったけど(バスは意外と時間通りに出発してたと思う)。

その馬車降りるとき、お金払おうとしても馬使いのおっちゃんは受け取らなかった。人民ペソでもcucでも。
外国人を乗せちゃいけないことになってるからだと思うんだけど、そんな原則無視してcucをたかる人もハバナなんかではいっぱいいるのに…。
サンタクララはまだこういう人がたくさんいるんだろうなー。
乗せてくれてありがとね、おっちゃん。

c0031296_8562128.jpg
by uraniwaneko | 2010-01-28 08:54 | 2009.3メキシコ・ガテ

サンタクララ町並みその4

c0031296_7113381.jpg

c0031296_7114854.jpg

c0031296_712396.jpg

c0031296_7125228.jpg

by uraniwaneko | 2010-01-20 07:11 | 2009.3メキシコ・ガテ

サンタクララ町並みその3

c0031296_7141032.jpg

c0031296_7142643.jpg確か前と同じ車じゃなかったと思う。きれいに保存されるよね。

c0031296_7144064.jpg

c0031296_7145249.jpg

c0031296_715573.jpg

by uraniwaneko | 2010-01-19 07:13 | 2009.3メキシコ・ガテ

サンタクララ町並みその2

c0031296_7593411.jpg

c0031296_759541.jpg

c0031296_801156.jpg

c0031296_802449.jpg

c0031296_803951.jpg

c0031296_805111.jpg

by uraniwaneko | 2010-01-18 07:59 | 2009.3メキシコ・ガテ

サンタクララ町並みその1

ゲバラの墓以外にはとりたてて何もなさ気なサンタクララだが、いった中ではのんびりしてて、もう1泊してずっと散歩しててもよかったような町だった。
ハバナやトリニダーにはいわゆる”たかり”な人々がいて、いやな思いをすることもあるけど、ここはそんなことがなく会釈を返してくれる人もけっこういたし。

c0031296_756237.jpg

c0031296_7562267.jpg

c0031296_7563578.jpg

c0031296_7565139.jpg

c0031296_7571180.jpg

c0031296_7572794.jpgカメラ向けるとわざわざ止まってくれた。

by uraniwaneko | 2010-01-17 07:55 | 2009.3メキシコ・ガテ

キューバ更新続けよう…/サンタクララ

うーん、ずい分間があいて、なんだかアップの日付さかのぼって更新してる意味がまったくない。

てことで、また新たに1月から更新することにしよう。旅行日程からすると残りあと少しだし、最後まで行きたいやね。
その後、5月にいった沖縄宮古島、夏に行ったマレーシアのコタキナバルが控えてるんだよね…。(短期旅行なんですぐ終わるはずなのに)
キューバ、メキシコの海があまりにもきれいでシュノーケリングの魅力にはまった。今まで海はあまり行かなかったけど、こういうこともあるのね…。
沖縄海写真はショップの人が水中撮影してくれた画像があるので、すんげーきれいよ。


あ、2009年の年末、タイはいけず。
日本に戻るチケットがキャンセル待ちで全然とれず…。
11月では遅かったわけで。
毎年年末のタイ連鎖これにて終了。


で、サンタクララ。写真メインでいくね。

ここ、最初は行くつもりなかったけど、日程的にあとどこか行けそうだし、宿で一緒に人が行くらしいので、一緒に行った。
ゲバラのお墓がある場所。

バスターミナルまではタクシー。
長距離バスにはアルトロとビアスールとあって、外国人はビアスール。アストロの方が安いけど、ビアスールにされるっぽい(サンタクララまで18cuc)。
乗ったタクシーが白タクだったせいか、料金でもめたが、にっこり笑って押し切った(7cuc)。こういうやりとりは他の国でもよくあるけど、相手がけっこう怒った必死の形相で文句言ってくるのが社会主義っぽかったなと。

バスターミナルではタクシーの勧誘を受けた。バスより早いと。
私たちは三人で、料金的には確か微妙だったのだが、早いことは間違いないだろうから、人数いれば…。
ちゃんと提示した料金で行けばだけど。

バスは記憶が定かでないが3時間くらい?
ターミナルからゲバラのお墓まで歩いていってみた。
多少距離あるけど、歩けないことはない。
ちなみにサンタクララは歩き方にのってない。Rさんのロンプラ(英語版)には乗ってたので、その情報をもとに。
ま、誰かに聞けば教えてくれると思うけど。

町中は墓からはけっこう距離あるのでタクシーで(3cuc)。

c0031296_751196.jpgバスの休憩中、こんなお土産発見。

c0031296_7513868.jpg途中の風景はほぼ何もなく、急に町になる感じ。

c0031296_7515710.jpg猫ちゃんも細身。

c0031296_752256.jpgキューバ人カフェ。なんと0.2人民ペソ。cucじゃなくて人民ペソだよ!(25分の1の5分の1)1人民ペソ以下の通貨はハバナではめったにみたいらしいがここでは流通!?  味はまあ…。

c0031296_7524637.jpgその前で飯食ってるおっちゃん。

c0031296_753546.jpgゲバラの墓にある像。アルゼンチンを向いてる。ちなみに墓は撮影禁止。カメラ&荷物は入り口で預けないといけない。革命戦士たちの石の肖像が貼り巡らされてた。隣にゲバラゆかりの品が展示されているミニ博物館もあり。


by uraniwaneko | 2010-01-16 07:49 | 2009.3メキシコ・ガテ