人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秩父で釣り

景色のいいとこ行きたいな~。
疲れてくるといっつも思う。

あきらめ悪くゴールデンウィーク旅行のベトナム(の田舎方面)を検討してたのも、きっとそういうことなんだろう。

何もベトナムじゃなくていいじゃん、ってことで秩父。

秩父は何度か行っているが、日帰りで行ける近さでけっこうな田舎なのでお気に入り。

めちゃめちゃ天気のよかった5月4日に釣りに行ってきた。

釣りといっても、管理釣り場だけど…。
しかも車があるわけじゃないから行ける場所は限られる。
だから選んだのは西武線芦ヶ久保駅から1km程度の芦ヶ久保国際釣り場(だっけ?)。


今まで釣りなんて、釣堀3回くらいかなー。
最後の釣堀が学生時代だから、かな~り前。
しかも自分で針をはずしたことないし。
釣ったのはフナとか鯉だったような。

程度の私だから、こんなもの。
でもここの釣り場は、一応自然の川を利用したものなので、釣堀よりは気分が味わえるんじゃないかと。

まあ、行ってみた感じでは、ロープで区画された川に、レジャーで来た親子連れ満載で、そんな自然の中で釣りなんていうのは幻想なんだけど(笑)

魚はマス(が一番安い)。
1時間に1回、放流してくれるので、放流直後は釣れる。
開始直後に私のところに放流してくれたので、早速釣れてしまう。
やった~と喜んだのはいいけど、これどうやってはずすの?状態。
後ほど、針はずしなる器具が備え付けられているのに気づいたが、このときはいきなり釣れたので、そんな余裕なし。

一生懸命、手ではずそうとしている内にマスご臨終…。
あばれたので血だらけになってるし、ものすごい罪悪感。
この可哀想と思うところが、ド素人なんだなー。

ここは管理釣り場で逃がしてもすぐ誰かに釣られる可能性は高いので、キャッチ&リリースなんて意味なし。

このときまで釣った魚をどうするかを考えてなかったけど(おい!)、殺してしまったのなら食べましょう。
ということで、それ以後、躊躇なく針をはずせるようになった(成長したな)。
針はずしを使うと簡単。
まあ、傷ついて活きは悪くなるけど。

死んでしまったのと共に、ビク(無料で使える)に入れて水にひたしておく。

釣果は2時間2人で8匹。
さおを借りてる(つまりさお代を払ってる)ので、さばくのも兄ちゃんがやってくれるし、食事ところで焼いてもくれる。
まあお手軽にできるようになってるわけね。

本当は管理釣り場じゃないところで釣って、自分でさばいて、川原で火をおこして串にさして焼くなんてのをやってみたいけど、まだまだハードルが高すぎる。
そもそも釣れる保障もないしね。

とりあえず体験ってことで。(でももう管理釣り場は行かないかもな…)

c0031296_6282265.jpg料金はけっこうする。ここはまだ安い方で時間払いが可能。大人2時間2400円。さお代も入ってたかな?

c0031296_6284433.jpgエサのいくらと何とか虫の幼虫。この幼虫が弾力あるので、針がなかなかさせない。生きているので躊躇するというのもある。食べるのは割りと躊躇ないくせにね…。hpでエサ代(300円)無料クーポンをゲットできる。

c0031296_629876.jpg本日の釣果。

c0031296_6293412.jpg塩焼きマス。淡白なので意外と数食べれる。ごはん&味噌汁セットも頼める。

c0031296_630016.jpg釣りの後は、ウォーキング。一応、ウォーキングルートだけど車道でもあるので、歩いている人は少なかった。坂道が多いので、いい天気だけにかなりキツかった。

c0031296_630263.jpg

c0031296_6304292.jpg

by uraniwaneko | 2008-05-31 06:30 | 日本

タイフェスティバル2008・その2

物産エリアでは衣服や雑貨のほか、食料品も。
もちろん食料品が目当て。

まずはフルーツ。
数年前に輸入解禁のマンゴーがやっぱ多かった。
あとはマンゴスチン、ドリアン(丸ごと)。

マンゴーは上品に売られているのはひとつ500円だったけど、もう少し大雑把に売られていたのは(熟し加減がまちまちだったりする)3つで1000円が相場らしい。
歩いていると4つで1000円があったので(2日目だから値下げ?)買う。ひとつ250円は普段買うフルーツとしては高いけど、たまにはいいだろう。

c0031296_651868.jpgお上品に売られている方のマンゴー。

c0031296_611862.jpg買ったやつ。帰ってきて近所のスーパーへ行ったら、タイマンゴーが350円…ここまで安いのは初めて見たけど、250円じゃなくてよかったよ。少ししわしわになって見てくれが悪いくらいの熟し加減が食べ頃、多分。

c0031296_653986.jpgこれタイ語でなんていうんだっけ? サクーかなと思ったが、サラ? 皮が蛇みたいで刺があるやつじゃないかな。インドネシアで食べて刺がささって以来食べたことない。

c0031296_661440.jpgドリアン3500円なり。日本でなら安いと思う。でも丸ごとは多過ぎだろうな。パックで500円もあった。


マンゴーを買ったら財布のひもがゆるんだのか、その後、バジル炒めなどの冷凍食品も買ってしまう。
タイで売ってるのを見て、一度どんなもんか食べてみたかったのだが、レンジがなかったので(冷凍庫もなかったかも)、食べたことなかった。4つ1000円でひとつおまけ。つまりひとつ200円になったので、まあそんなに馬鹿高いってわけでもないかなー。買ったことないけど、タイでも冷凍食品はそれなりの値段がしたような…。

c0031296_673282.jpgタイのメジャーな食品ブランド(?)「CP」の製品。元首相のタクシン関係じゃなかったっけ?


その後レトルトカレー、そして屋台エリアでお持ち帰り惣菜を買い、結局食べ物だけで、あっという間に5000円くらい使う。
危ない危ない、この辺でとめておこう。
調味料や野菜も欲しかったけど、もうかなり重いし。雨天だし~。
しかしリュックで来てよかった(この時点で買う気満々)。

買い物に満足して、11時半くらいに会場を後にする。
この時間も続々と人が来場してたので、雨天でもかなりの混雑ぶりだったんじゃないかなー。

c0031296_683068.jpgトゥクトゥクも売られてた。123万円。青いやつには成約済みの札が何枚か。店のオブジェ? それとも乗るのかな?

c0031296_685498.jpg

c0031296_691876.jpg先日レモングラスを買いに行ったアジアスーパーストアも出店。さすがに充実のタイ野菜。

by uraniwaneko | 2008-05-12 05:59 | 日本

タイフェスティバル2008・その1

今年で9回目らしい代々木公園で開催中のタイフェス。

最初の頃はタイフードフェスティバルという名称で、確か初回とその後2回くらい行ったかなー。

んで、今年、何年ぶりかで久々に行ってきた。
年々人出が増えているらしいので、まだ人が少ないであろう2日目の開始時刻10時を目指して。

が、10分ほど遅れただけなのに、すでにけっこうな人。
雨天ということで各地タイレストランが出している屋台エリアの、屋根付きのイスやら机があるブース(買ったものを食べられるところ)は老若男女で埋まっている…。

すごい人気だわ。


会場は、屋台エリアと物産エリア、そしてタイの文化広報エリア(っていうか知らんが)みたいなのに分かれていて、人気は当然屋台エリア。ステージではいろいろなショーなども行われるはず(見てないけど)。


まずは屋台エリアへ突入。
…の前の、入口あたりに普通の焼きそばとか、タイフェスとは関係ない屋台が出ていて、「おいおい、ここで売れるのかい?」って感じ。
(後で考えてみると、子供とかエスニック好きの彼女に連れてこられた辛いものが駄目な彼氏とか、それなりにニーズはあるのかもしれない)

一通りみたけど、数年前と比べて充実~。
メニューが断然増えている感じ。
前はパッタイ、クイティアオ、トムヤムラーメン、ガイヤーン、ソムタムとかお決まりなタイ料理が多かった印象だけど、それに加えて最近メジャーになったガパオ(バジル炒め)、ラープ(ひき肉あえもの)なども当たり前にある。
サイクローク(もち米などが入った酸味のあるソーセージ)を出している店も多かった。サイウア(北部のスパイシーなソーセージ)は少なくて、私が探せたのは一軒のみ。後で買おうと思って忘れたけど…。うう、残念!


店によってはカオカームー(豚足煮込み、玉子つき)、カオモックガイ(カレー風味の鳥ごはん、多分モスリム料理)、カオソーイ(北部のカレー麺)なども出している。

だいたいどれも500円。
サイズは日本の屋台と同じくらい(ま、同じ容器使ってるだろうから当たり前?)。
屋台の焼きそばが500円だと高いと思うのに、タイ料理だとお得感があるよなー。
2日目のせいか、出している店が多いパッタイなどはすでに割引も始まっていた。


デザート類も充実していて、カオラーム(ココナツ風味のもち米を竹に入れて蒸したもの→デザートといえるかな?)、カノムチャン(柔らかいういろうのようなもの)なんかもある。
カオラーム食べたいけど、これだけでおなかが膨れてしまうし、500円は高いかな。タイへ行ったら食べようっと。
噂ではカノムモーケン(タロイモココナツ風味のカスタード焼き)もあったらしいが、見つからず。

めちゃめちゃ目移りしながら、ひとまず物産エリアへ移動。

c0031296_554495.jpgけっこう人が並んでいた店。カオカームーを出していて、ほとんどの客がそれ目当て?

c0031296_5552142.jpg店構えもけっこうタイ風。バットに並ぶ惣菜に目移りする。

c0031296_5554677.jpg結局、ガイヤーンとソムタムをお持ち帰りで。めっちゃ定番やん(笑)

c0031296_5562078.jpgカオニャオ(もち米)も売ってたけど、家にあったのでそれを圧力釜で炊いてみた。ちなみにタイでは蒸すので、おこげがあるカオニャオはなかなかないよ(笑)。

by uraniwaneko | 2008-05-11 05:51 | 日本

アーハーン・タイ アロイ! ナ…?

ゴールデンウィーク! だが結局どこへも行けない私はチェンマイ仲間のしらたまさん(でいいのかな?)を我が家へお招き。

せっかくだからタイ料理にチャレンジ~。

実は日本へ戻ってから一度もタイ料理屋へ行っていない。
まあ、節約モードで、そもそも外食をあまりしていないのもあるが、たいていのタイ料理屋さんで食べれるものって、意外とインスタントの素を使えばそれなりの味になったりするので、わざわざ(それも高いお金を払って)食べる気がしないんだよね。

パッタイとかトムヤム、カレー(ゲーン)の類、最近人気あるっぽいバジル炒め(ガパオ)とか。トム・カーもおいしいよ。
タイで安く買ってきた素もあるし、この手のものは輸入食材屋さんでも手に入る。麺類はマ・マー(有名なインスタント麺)でいいじゃん、くらいだし。

とはいっても、素で作れないものもあるので、ここのとこ食べたいタイ料理が出てきつつあった。

ヤム・タクライ(レモングラスのあえもの)
タム・マクア(チェンマイ惣菜料理、ナスのあえもの。つぶしたやつ)

ネットで探してみるとヤム・タクライは出してるところがないでもない。タイ居酒屋みたいな安くたくさんの品数を出しているような店とかいいなあ。それにしても1~2軒だけど。
タム・マクアは見つからなかった。ヤム・マクアならあるんだけど。

なので、これを作ってみることにした。
作り方はネットでやっと探して、いざ!


生レモングラスはさすがに近所で手に入らないので、新大久保のアジアスーパーストアで。

ここ、タイ食材がメインに売られてるだけあって、あんなものやこんなものが~(書いていいのか分からないので代名詞で)。つーかあれ(メ○○ー)はタイでも食材として売ってるのは見たことないなー。

さすがにタム・マクアに使うらしいプラーラー(魚を発酵させたもの?)までも売ってたが、これひとびんは絶対使いきれないので、あきらめた。ナンプラーで代用(できるか知らんが適当)することに。


ヤム・タクライは材料を刻んだらおそらく基本の味付け(ナンプラー、レモン、砂糖)でOK。
タム・マクアはちょっと複雑なので、しらたまさんにも味付けを相談して…と思ったら、なんと食べたことないらしい。
タイでは洋食(マカロニとか)に走ってたとか。その気持ちも分からんではないな…。

で、出来上がったものの味は…。


ヤム・タクライはこんなもんでしょう。
タム・マクワは「違う~」というものだったが、レモンとかナンプラーとか加えて結局基本の味にしたので、食べれないこともない。時間をおいた方が味がしみておいしいことが分かった。

ま、とりあえず満足。

c0031296_632568.jpgタム・マクワ。味も何か違うけど、みてくれもこんなにナスの色が悪くないはず…。上に乗ってるのは揚げにんにく。焦げてるけど。

c0031296_6331476.jpgヤム・タクライ。えびを入れてみました。レモングラスにピーナッツ、あとは基本の味付けで材料さえ手に入れば割りと簡単。

c0031296_6334715.jpg日本人に人気のラオスビール、ビアラオも売られていた。当然買うっしょ。でも私はミャンマービールの方がひそかに好き。

c0031296_634919.jpgレモングラスは生食できるのは根元のやわらかい部分のみ。上の方とか外側が無駄になるので、ちょっと乾燥して冷凍。ポプリは作らんから、ハーブティーにでもするか?

c0031296_6342843.jpgついでにカノム・ファクトーン(ていうのかな?)。かぼちゃのココナツ煮。ココナツミルクが足りなかったので、ココナツで煮たものに市販のタピオカココナツミルクを加えて。

by uraniwaneko | 2008-05-03 06:32 | 日本

ゴールデンウィーク後日談

いったんは断念した旅。

の割りにあきらめ悪くチケット料金検索していると、5月6日発(+ほか数日)の日程限定で安いベトナム航空便が売られていた。
一応聞いてみると、残席に余裕があり、燃料代入れて6万円切ってる(ちなみにチケットは3万円台後半)。

ラオスまで足は伸ばせないけど、ハノイから、前回道路工事で行けなかったマイチャウ(少数民族エリア)行きもいいなあ~。
という思いがふくらむ。
旅行記検索すると、1日現地ツアーでそこそこ人気の場所らしい。観光ずれしてるんだろうけど、それは簡単にいける場所ならどこでも大差ないし、路線バスとかでのんびり行って2~3日ぶらぶらするのもいいかな~と妄想は膨らむ。


が、やはりやめた。
マイチャウもいつか行きたいけど、何も無理して今行かなくてもいいんじゃないかなと。ハノイ行ったついでにいける場所だし(ってそれはいつ?)。

結局、2度目(?)の断念。

なんてことやってる間に気づいたけど、4月後半~5月のはじめってベトナムも連休だった。前にハノイ行ったとき、連休で混んでてサパ行きの電車がなかなかなかったんだよねー。

ついでに今年は、その間に話題の聖火リレーもあったような…。


最初のとき(その日程で考えていた)、チケット断念してよかったのかもなー。
と自分を言い聞かせてみた。
by uraniwaneko | 2008-05-02 06:30 | 日本