人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カンボジア国境通過、プノンペン行きのバスは見つからず…

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

c0031296_7315498.jpgカンボジア国境エリア。

すでに日差しのきつい中、歩き初めて30分。
バスが見つからない…。

アランヤプラテートから国境を越えてポイペト。
今日の目的地はプノンペン。
首都だがら午前中ならバスはいっぱいあるさ…程度の思い込みで来てしまったが、ぜんぜん見つからない。


そう、ネットで検索しても、シェムリアップ(アンコールワット)はいっぱい情報あるのに、プノンペン行きの情報はあまりない。

「バス、NO! タクシー」
それでもイミグレを通過すると、目ざとい客引きがタクシー(もちろん白タク)の勧誘をかけてくる。
この手の人はたとえバスがあっても「ない」というので、無視して歩き続けてきたが、本当にないのかもしれない…。
ていうか、今、8時30分。
バスの看板を見かけないことはなかったが、それによるとバスは複数ありそうだが、もうすでに出た後っぽい。

国境が開くのが7時30分。
とすると、たとえ朝一で越えたとしてもプノンペン行きのバスに乗るのは難しいんじゃないか?
タイ側のイミグレ通過は外人優先だったけど、カンボジア側でビザ代払ったりイミグレ通過していたりする時間もかかるし。

つまりバスでプノンペンに向かうには、国境を越えて、ポイペト側で一泊しないと無理な感じ。

某歩き方には「カンボジア側のポイペトは治安がよろしくないので、泊まるならタイ側で…」と書いてある。私がもってるのは5年ばかり前のだが、新しいのもそう書いてあった。ポイペト側はカジノエリアで、確かにタイ在住時代に人から聞いた話からもあまり泊まらない方がいいだろうとは思ってた。
実際ネットで検索したときも、ポイペトに泊まったという情報は見なかった。
なのでアランヤで一泊するのが普通なのかと思っていたが、あのゲストハウスの見つからなさ具合からすると、バンコクから泊まらずにプノンペンというのが一般的なのかも。初めから白タクを使うつもりなら何もアランヤで一泊する必要もないしなー。

ただ、ポイペト側には新しいゲストハウスもいくつかあったし、数年前からするとだいぶ治安もよくなってきているらしいので、ここに泊まるのもありなのかもしれない。今回は泊まってないのでなんともいえないが…。

そんなことを考えながらさらに歩いていると、白タクに声をかけられた。汗だくで背中のザックが重くのしかかっていた私は、フラフラと誘われるまま車へ。
中には白人とカンボジア人が座っていて、どうやら彼らとシェアになるらしい。
一人20ドルのところ、15ドルにしてくれるとか。彼らも安くなるならとシェアをOKしてくれた。
もう疲れ果てていたし、一人じゃないので乗る。

プノンペン到着が14時過ぎ。
途中、白人、アメリカ人のアランの希望でバッタンボンで昼食タイムをとってもこの時間。
あきらかに車の方が早かったと思う。

彼らはすでにカンボジアをけっこう回っていて、プノンペンでは彼らがおすすめの宿に一緒に向かった。
ゲストハウスエリアではないけど、それもよし。
こぎれいなホテルで10ドル。
さがせばもっと安い宿はあるけど、エアコン、冷蔵庫ついての値段なのでここにした。

c0031296_7324458.jpg確かベンメリアホテルという名前。ダブルベッドにエアコン、冷蔵庫、テレビ付き。もちろんお湯シャワー。10ドル。
by uraniwaneko | 2008-03-31 07:30 | 2007年末タイ・カンボジア

やっとのことでアランヤプラテート

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

翌日、そうそうにモーチットマイ(北バスターミナル)からアランヤプラテートの予定。
だったが、どうも体がだるくて起きあがるのがツライ。
風邪と疲れがかさなったか。

タイならこのまま進んでもよさそうだが、カンボジアに入るからなー。これまでの経験から、1日休んだほうが結果的に早いと考え出発を1日延ばす。

昼過ぎまで寝たおすと、だいぶ体調もよくなった。
なので、同じくタイに来てるタイ語教室仲間だったのRIEさんを呼び出す。
外はまだ暑いので体調を考え、エンポリでお茶。
やはりタイに来てる感はないなー(笑)。

なんて日を過ごした翌日、やっとアランヤプラテート。
MRTでモーチット駅、そこからバスターミナルまで多少手間取り(このルートは初めてだった)、バスも1時間遅れ、やっとアランヤ。そしてやっと見つけた宿で一息、その後、近所のナイトマーケット。

ここで、やっとタイに来たなーと感じた。

ちなみにアランヤはバスターミナルから宿エリアがちょっと遠く、客引きに連れて行ってもらったほうが話は早いかも。
私は歩いてぶらぶらしたかったので客引きは利用しなかったが、思いのほか宿が見つからなかった。
しかも国境の町だから、宿エリアはすぐ分かるだろうという目論見ははずれ、町の人に聞いてもなかなかなく、そして宿は中国系(旅社)。イサーン(東北)ぽいな、っていうかイサーンなんだな。
結局、ナイトマーケットのそばの最初に見つけた旅社に泊まった。150バーツで水シャワー・トイレ付き。インドの安宿に比べたら充分きれいさ。

c0031296_7282561.jpgやっとありつけたカフェローン。サンドイッチは屋台で。甘いマヨネーズがなつかしい。おいしくないけど(笑)。
by uraniwaneko | 2008-03-30 07:26 | 2007年末タイ・カンボジア

帰りのチケットが受け取れない!?

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

12月21日、夕方バンコク着。

当初、この後にバンコク市内のチケット手配会社に、帰り(日本に戻る)のチケットを受け取りに行く予定だった。バンコク発券なので、まだ手元になく(中国東方航空はE-チケットではない)、この日は金曜日。
週末は会社がやってないし、明日はカンボジアへ向かってアランヤプラテートの予定なので週明けにはバンコクにいない。
そしてカンボジアから戻ってきたら、正月休み期間…。

どう考えても、この日に受け取らないといけない。

ザックを手荷物にして、荷物ピックアップの時間をなくし、入国審査はかかって30分。そこからタクシーとばしてぎりぎり間に合うか…。みたいな予定だったのだが、入国審査が長蛇の列。

あれー、こんなに時間かかったかなー?
もう何度目のタイ入国か分からないが、いつもは比較的スムーズだったような…。

このときは知らなかったが、最近バンコクの空港では、昨今の事情でセキュリティが厳しくなったのか、入国審査に時間がかかるようになってるらしい。(この後、タイ在住の人から聞いた)

そして1時間以上かかった…。すでに17時過ぎ。
会社は18時までなので、間に合わないなあ、こりゃ。
ひとまず空港からその会社に電話を入れ、滞在先の知り合い宅までデリバリーを頼む。
知り合いは家にいなかったのだけど、まあ、なんとかなるかなー。ガードマンがいるマンションで、中まで入れないので、ポストに入れてもらうこともできないけどねー。


マイペンライ。
ていうかどうしようもないので…。

そしてタクシーは金曜の夕方にしては比較的スムーズに走ったが、エカマイ、スクムビットあたりになるとそうもいかない。

18時過ぎてるけど、やはりマイペンライ。私にはどうしようもないので…。

で、やっと知り合い宅に到着すると、マンションの門の前に封筒を持ったバイクの兄ちゃんが! やはりセキュリティに止められて中に入れなかったようだ。

タクシーの中から「おおい」と声をかけ、あわただしく受け取る。30分以上、門の前で待っててくれただろうから、チップくらい上げたかったけど、その場所で車は止められないので…。

「コップンマークカー(どうもありがとう)」を連呼って感じ。
いやー、兄ちゃんありがとうねえ。これで日本に帰れるよ。

その後、知り合いが家に帰ってくるまで、近所のスタバでお茶。
実はタイでスタバは初めて。
カフェラテで70バーツもする。そしてタイに来た感がない。
でも、ま、この付近は屋台カフェないから、いいや。
チケット無事受け取れたしね。
by uraniwaneko | 2008-03-29 07:20 | 2007年末タイ・カンボジア

上海・豫園(よえん)風景

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

c0031296_758875.jpg表通りはきれいに改装?された店が並ぶ。

c0031296_7582488.jpg裏に入ると昔ながらの店が。こっちの方が情緒があっていい。

c0031296_7584570.jpg毛沢東グッズ。すでに持ってるので今回は買わず。でも見てたら時計で80元くらいからどんどん値段が下がって最後は確か35元になった。見てただけなんで、こっから交渉も可能?

c0031296_759311.jpg

c0031296_7591654.jpgお店番わんこ。

c0031296_7593736.jpgスタバもこんな感じ。

by uraniwaneko | 2008-03-16 07:57 | 2007年末タイ・カンボジア

上海・豫園(よえん)

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

次にバンドから歩いていけそうな豫園を人に聞きつつ目指す。
無愛想な人もいるけど、たいていの人は親切に教えてくれる。
英語はほぼ通じないので、地図を指しながら身振り手振りで。
漢字だからまだ楽。欧米人は大変だろうな。


この豫園の周りはマーケットになっていて、雰囲気も古式豊かな(?)中国になっているので歩いているだけで楽しい。
ていうか、歩いてるだけで時間がなくなったので、結局豫園には入れなかった。伝統的な建造物がたくさんあるんだと思うけど、まあ周りでその雰囲気が味わえるのでよしとしよう。

マーケットを冷やかしつつ、「そうだ、小龍包」と忘れてはいけないものを思い出した。点心は大好き。

ここは一大観光地なので、どこも人はそれなりに入っている。
なので適当に見つけたところへ入ったわけだが、その店を出た直後、えらい行列してる店を発見!
外人観光客じゃなくって中国人が並んでいる。
これはおいしいんだろうねー。いまから並ぶ時間はないので、次回の楽しみかな。

なんて、話を日本に帰ってしたら「知ってる! 六本木ヒルズに入ってるよね」といわれた。
私は前に西麻布の会社に勤めてたので、ヒルズは毎日通り過ぎてた。

「そんな店あったっけ?」と記憶をたどると、ああ、あったなと。いつも行列してて~、しかも1回ランチしたことあるよ。
ランチの麺セットに小龍包ひとつ付いてた。
あれかー。

ま、こんなもんでしょう。私のグルメ度なんて。

あ、私が食べたところも充分おいしかったよ。
ふたセイロに挑戦しようと思ってたけど、さすがにおなかいっぱい。朝、ケンタッキーなんかで食べたのが悔やまれる。
ま、他の点心は追加で食べたけどね。

短かったけど、腹いっぱいで満足の上海だった。

c0031296_7524596.jpg25元するけど、もうひとセイロ食べたかった。

c0031296_75347.jpgシュウマイ追加。ひとセイロ12元。

c0031296_7532967.jpgこれが行列の店。テイクアウトもできるらしい。ていうかテイクアウトでもかなりの行列。

by uraniwaneko | 2008-03-15 07:52 | 2007年末タイ・カンボジア

上海・バンド(外灘)

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

上海といえばバンドという地名を聞くので、向かってみる。
リニアを降りて、地下鉄で。
駅にあった地図など見つつ、人に聞きつつ。
昔の名残の洋風な建物がある場所なのかな。夜景もきれいな場所じゃなかったかな。昼間にいったけど。

ま、久々の中国。歩いてるだけで楽しい。
しかし、上海、都会だわー。カンボジアの田舎から来ただけに余計。
ていうかカンボジアは暑かったけど、ここは空港到着時マイナス1度!
旅行中というより、むしろ日本に戻ってきたような気がしてたなー。

c0031296_7491956.jpgなんとなくこれがテレビ塔なんじゃないかと思う。

c0031296_7493446.jpgこんな感じの建物がたくさん。

c0031296_75046.jpg日本風のお店?

c0031296_7502338.jpgこんな店の看板も周囲の雰囲気をこわさずに…?

by uraniwaneko | 2008-03-14 07:48 | 2007年末タイ・カンボジア

上海リニアモーターカー

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日


世界最速(だよね?)のリニアモーターカー。
なんか初めはえらい高い値段だったけど、若干安くなったのかな?それでも普通席往復80元。(1元16円くらいなので1300円くらい)


空港の2階から連絡通路で向かい、チケット買って乗る。
別に途中駅があるわけじゃないので、どこかいく場合はそこから地下鉄などに乗り換え。

バスなんかにくらべてだいぶ高いけど、7分で市内まで行ける。
他の手段だと1時間くらいかかるんじゃないかなー。(多分)

本数もそこそこあるらしく、数分待って列車が来た。
中国人の乗客もこれに乗れるのが嬉しいらしく、記念写真など撮ってる人もチラホラ。

乗車してほどなく出発。
大きな窓から景色が見える。

確かに早い。
が、「新幹線もこれくらいのスピード出るよなー」
と思ったのもつかのま、ぐんぐんスピードが上がりはじめた。

およよ。こりゃ立ってられないかも。座ってたけど…。

このとき、ケータイでリニア乗車記念メール打ってたんだけど、酔いそうになったので一旦やめた。

どれくらいスピード出てんの?
と思ったら、行きは気づかなかったけど、各車両入口にスピード計がついていた。それを見てるとだんだん430kmまで上がり、数秒キープでスピードが落ち始めて、きっかり7分で到着するみたい。
その数字も変化が激しいので、見てるとまた酔いそうになるんだけど。

早いなー。
これで中国を横断できたらいいのに。
上海からウルムチとか。途中駅はひとつかふたつくらいで。
どんだけお金とられるか分からんけど。

c0031296_7454886.jpg駅までにあったケンタッキーで朝食。中国らしくおかゆセット。16.5元。屋台の食べ物は安い中国だけど、こういうのはやっぱ高い。

c0031296_746838.jpgこんな感じ。空港往復だし高いしで外人が多い。が中国人もそれなりにいる。

c0031296_7462758.jpg

by uraniwaneko | 2008-03-13 07:45 | 2007年末タイ・カンボジア

カンボジア、といいつつ上海から先に…

カンボジア旅行(タイ、上海):2007年12月21日~2008年1月4日

先に書くけど、行ったのはカンボジアのあと。
今回の旅行は行きはエアインディア(でタイ航空に乗れるやつ)、帰りは中国東方航空の上海経由。
バンコク発券連鎖中ゆえ…。

当然、次のバンコク行きも上海経由。
なのでこのとき上海で時間をとろうと思って、今回は乗り継ぎ時間の合間にちょこっと上海。

しかし、このチケットを予約したとき知ったのだけど、上海は乗り継ぎでも空港税をとられるみたい…。
しかも乗り継ぎ時間が長いと、いったん入国して出国→チェックインという流れになるとか(これは現地で知った、前の空港はそうだと聞いたことあるけど、新空港でもそうなのねー)。

*名古屋行きは乗り継ぎ時間が短かったので、入国の必要はなかったみたいだけど、この場合でも空港税はとられるのかな?


空港税かかるし、どうせ乗り継ぎが7時間あるから、外に出てみようと、ストップオーバーできるチケットにして外に出た(同日でも一応、発券前に申請の必要があるらしい)。
7時間といっても、空港からの往復、入国、出国と考えると2時間くらいしか自由時間はないんだけどね。


入国後、両替して、空港にザックを預けて出発!
しかし手元にあった中国元を持っていくの忘れたので、空港両替で手数料50元!とられ…。
空港ってレートが悪くて手数料も高い場合が多いけど、町中の中国銀行でも手数料っているんだっけ?(中国は7年ぶりくらいなので忘れた)
いずれにしても時間の関係で空港で両替するしかないので、ま、これは仕方ない。



で、まず、第一の目的は「リニアモーターカー」。
ていうかこれしか思い浮かばなかった…。
by uraniwaneko | 2008-03-12 07:41 | 2007年末タイ・カンボジア

トルコ風景いろいろ・その2

トルコ旅行:2007年10月11日~11月1日

c0031296_7561100.jpgアマスヤで見つけたルームシューズ?

c0031296_7562024.jpgトルコのパンはうまし。とくにスィワスはおいしそうなパン屋さんが並んでたなー。

c0031296_7564336.jpgアジア各国で見るプチ稼ぎ。この後、体重計が出てきます。

c0031296_757459.jpg地味なマクドナルド。

c0031296_7572732.jpgアップルティー。って紅茶にりんごフレーバーかと思ったら、アップルジュールみたいなやつだった。これ、はまる。粉末をお湯に溶かすだけなんだけど、なかなかおいしいよ。

by uraniwaneko | 2008-03-06 07:55 | 2007.10 トルコ

トルコ風景いろいろ

トルコ旅行:2007年10月11日~11月1日

これでトルコ最後です。
次はカンボジアね。
いつも旅から帰ってすぐデジカメ画像を眺めてたりするんだけど、今回はパソコンに落としてもいない。

どんな画像があったんだっけ?
川イルカはかすかにでも写ってるかな?

それはさておき、トルコです。

c0031296_7505247.jpgイスタンにてうさぎ占い。うさちゃんが札をとってくれるもの。小鳥はみたことあるけど、これは初めてだな。

c0031296_751479.jpgかわいいっ。占いはあんま興味ないけど、これは楽しいかも。結局やってないが。

c0031296_7512297.jpgチーズです。いろいろあっておいしそう。

c0031296_7514158.jpg花やさんにて。花籠のオブジェらしいけど、これはかわいいのか?

c0031296_7522594.jpgイスラム女性のマストアイテム? 別の場所で1枚買ったことを思い出した…

c0031296_7523777.jpgこんな下着をつける人もいるんだねー。

by uraniwaneko | 2008-03-05 07:49 | 2007.10 トルコ