人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

タイのお菓子を作って見る

今、お隣におばあちゃん(といってもうちの母より若いが…)が来ている。

この前、手作りの柔らかい団子のようなお菓子をもらったので、その作り方を教えてもらった。

非常に簡単!


<<今回のレシピ>>
◎材料
------------------------
○ペン・カオジャオ(多分上新粉)1に対して水が2の割合。
今回、粉2に対して水4カップ。
・バイトゥーイという葉をきざんで水に絞ったものが2カップ。
(バイトゥーイはタイのお菓子で色と香り付けによく使われる葉っぱ)
・ガディ(ココナツミルク)1カップ
・水1カップ
*割合はけっこう適当で合計が4カップになればいいかなって感じ。

○塩…小さじ1
○砂糖…お好みの甘さまで(タイのお菓子なのでけっこう入れる)

○<包み用>バイトーン(バナナの葉)
---------------------------

◎作り方
●まず粉と水分(すべての種類)を混ぜ合わせていく。
●塩と砂糖を投入してさらに混ぜる。
*水分が多いのでこの時点で液体状。
●火にかけて、だまを潰しながら、ノリ状になるまでかき混ぜる。
●火からおろして、バイトーンで包んで、蒸し器で15分。
↓↓
できあがり。


日本の団子より水分がかなり大目なので、柔らかくてモチモチしている。
バイトゥーイはなくてもいいし、バイトーンはオーブンシート(今は蒸し器用のシートもあるっけ?)とかでも代用できそうなので、日本でも作れそう。
中に何か入れてもいいかもしれない。柔らかいのであまり固いものは適さないだろうけど、すりゴマとかね。

c0031296_10172799.jpg包んだ時に形が多少いびつでも、蒸してる間に長方形に整う。中身は写し忘れた…。
by uraniwaneko | 2005-11-30 10:16 | タイめし

もうすぐ国王誕生日&父の日

去年、タイに住んでいる人がこの時期「イルミネーションがキレイ」とメールをくれた。

その時は、へえ、タイもクリスマスムードで盛り上がるのか~と思ったが、
実は12/5の国王誕生日(=父の日)を祝うためのイルミネーションらしい。

そして今年もその時期が近づきつつある。
最近、夕方以降出歩くと、そこここでイルミネーションを見かけるようになった(もしかしてロイクラトーンからかな?)。
今じゃさすがにクリスマスと勘違いしないけど、それを見ると、日本ではきっとクリスマスイルミネーションがキレイなんだろうな~と思う今日この頃。

c0031296_1016219.jpgイルミネーションではないがターペ門。12/5には何か行事が行われるのかな。
by uraniwaneko | 2005-11-29 10:15 | タイの習慣

歌舞伎…

「ピンポン」のVCDをお隣に貸した時、奥さんに中村獅童(漢字あってる?)が歌舞伎出身であるという説明を試みてみた。

すると「あ~、頭とか昔風に結っていて演じるやつでしょ? 見たことあるある」というような返事(奥さんは日本に住んだことがある)。

おお、通じたぞ~と喜んでみたものの、後でふと思ったのだが、奥さんは「時代劇」と勘違いした可能性が高いな、と。
だいたい日本人の私ですら歌舞伎を見たことがない。
特に日本びいきというわけでもない奥さんが、見たことあるというならやっぱそっちだろう。

自分の説明を思い起こしてみる。
昔の時代のドラマで着物を着て演じる……どう考えても時代劇やん。

だいたい伝統芸能(?)とかいう小難しい単語は知らないので、知ってる単語を並べてみただけ。あの時は歌舞伎しか頭になかったので通じた気になってたが…。

こういうことってけっこうあるんだろうな。
by uraniwaneko | 2005-11-28 09:14 | タイ語

タイ語学校はとっくに終わっている

タイ語プライベートは先週の初めで終わっている。
途中、ロイクラトーンを挟んで何気に忙しかったのもあるけど、
19時間(途中で少し延長した)あっという間に終わってしまった。

すでにグループレッスンは終了しているので、教科書みたいなものがないせいか、先生も何を教えていいのか迷っただろうなと思う。
結局、雑談中心に…

しかも最初の内は、新しい表現が出てくると話を止めて練習したりしてたけど、話が佳境に入ってくると、先生の話が止まらない(笑)
私のタイ語はとても先生のスピードにおっつかないので、私が話そうとするのを、意を汲んで「●●でしょ?」と先に言われて、そのまま話が続行される。

でも、少なくともヒアリングの練習にはなったな。うん。
ということで…。

先生と話してるのはとても楽しいし~。
タイのゴシップから文化・習慣までいろいろな話が聞けて面白かった。
なぜかこの先生の発音は私にとって非常に聞き取り易いのが不思議。
by uraniwaneko | 2005-11-27 09:12 | タイ語

ビーズにはまってます

サンカンペーンのストリートチルドレンの家でお遊びとしてビーズ作りをやった。最近、サンデーマーケットなどでもよく売られている、ワックスコーティングのひもを使ったもの。これだとテグスやワイヤーを使う時のように金具を使う必要もなく、ひもなので自由に結んだり編み込みしたりできるのが魅力。
最後の結び目もライターでワックスをとかせばほどけることもない(と思う)。
編み込みはちょっと慣れないと難しいが、基本的にビーズを通して、好きな様に結んでいくだけなので、非常に簡単。
*子供たちの中には上手に編み込みできる子がけっこういる。


実は今回2回目で、前回は別の場所で子供にそういうのを教えている人が材料を用意してくれたが、今回は私が適当にワロロット市場で買ってきた。市場の布を売る店が連なる辺りにビーズ屋があり、金具やビーズがけっこう揃う。
元々この手のことは好きなので、自分用にも購入。
ひもを使う場合は、穴が大きくないと駄目なので必然的に大きめのビーズになる。小さいビーズのも作りたかったので、テグスとプラスチックビーズも買ってみた。でもこちらは細かい作業になり、目も疲れるのであまり進んでいない。
やっぱ”ひも”ものは簡単。

c0031296_995210.jpgネックレス、アンクレット、ブレス。ウッドビーズの中にガラスビーズを入れた方がキレい。ちょっと手が込むけど、パーツを作って組み合わせるとかいろいろできそう。
by uraniwaneko | 2005-11-26 09:09 | タイ生活事情

猫も風邪ひく寒さ到来

ここ数日、早朝の厳しさがぐっと増した。

裏のトラ子はやはりご懐妊中でどんどんお腹が大きくなっているが、
どうやら風邪をひいたらしく、クシュックシュッと咳をしている。
鼻もつまってるかして、息する時にまたにグル~グル~とか変な音を立てている。
元気がなくて、えさも食べずにじっとしているのを見ると、元気な子が産めるんだろうかと心配になる。
いや、これ以上、猫が増えるのはどうかと思うのだけど…。

c0031296_974973.jpgc0031296_98922.jpg
同じような画像だが、4匹入ってるのが分かるだろうか?トラ子の下にちび子(白ミケ)がいる。トラ子は妊娠中で膨張しているので、ちびトラがちょっとキツそう?
by uraniwaneko | 2005-11-25 09:06 | タイ猫

コムローイ後日談

ロイクラトーンで満天の星空のごとく空を舞ったコムローイ。
火をつけっぱなしでかなりの数を上げるので、たまに火がついたまま落ちてくることがある。
去年だかその前だが、市場に落ちて、店数件が焼ける火事になったと聞いた。
(おそらく誰も弁償してくれなかっただろう…)

実はそういう事故の可能性に加えて、チェンマイでは空港がある関係で、コムローイを上げるのは禁止もしくは制限されている。が、もちろんそれを気にしてないかのように今年も空にはかなりのコムローイが浮かんでいた。

その後、大きな事故の話は伝わってこないが(私が知らないだけということもある)、隣の子と同じ学校の生徒の家に落ちて被害が出たそうだ。皆で少しずつお小遣いを寄付したとか。
この手の話はニュースにならないだけで、きっといろいろあるに違いない…。

ついでにいうと、火が消えたやつもいつか落ちてくると思うのだが、それはどこにいってるのだろうか?
by uraniwaneko | 2005-11-24 11:38 | タイの習慣

ター・レップ(マニキュア)してみました

例の安い店でカットこそしなかったが、髪をすいた後にのぞいてみて、マニキュアだけをやってきた。

両手で39バーツ!
ご近所の美容院レベルなので、通常料金でもそれほど高くないかもしれない。

ただしこの料金なので、多分、町中の観光客向けのSPAなら甘皮をとるとか、爪を磨くとかお手入れもしてくれるだろうが、そんなものは一切なし。
いきなりマニキュアを塗り始める。ベースもなし。

柄はカタログ中の様々な柄から選べるようだが、それがちゃんとその通りに出来るかはかなり疑問。
一応、美容師さんはバンコクの美容院でネイルアートの経験があるらしいが、飾ってあった見本はまあこんなものかしら…って感じかな。

ネイルアートは美容師さんが直接描いていくほかに、スタンプ式(台湾製だそうだ)のもあって、これはタイでしか見たことないので、まだ新しいやり方かもしれない。
プレート型に専用のマニキュアを塗り、スタンプに写し取って、爪に押してくれる。この方法だと、模様に立体感はないが、かなり複雑な柄でも割りとキレイに描ける。プレートがたくさんあっていろいろな柄から選べるので、そっちにしてみた。
下地の色が乾いた後にポンポン押していく。それが乾いたら最後にトップコートを塗って終わり(トップコートもないのでは?という疑問は解消)。

ただ、2日後にははがれ始めていたので、スタンプ方式は模様の持ちが悪いかもしれない。でもご近所の美容院レベルなら料金的にも気軽にできるし、ちょっとした気分転換にはいいかも。

c0031296_11352721.jpgc0031296_11354630.jpg
台湾製なので漢字模様もある。西洋人に受けそう。和風な柄も多くて、アヤメとかイチョウのようなものとか。右の小指は梅。親指はちょっと受けねらいで入れたのに、おばさま達に「かわいい」と言われ、「これもあり?」ってな感じ。
by uraniwaneko | 2005-11-23 11:34 | タイ生活事情

美容院井戸端会議

私の髪はくせ毛だし、カラーを繰り返したせいかかなり傷んでいるので、普段からドライヤーを使っていない。
美容院では最後にコテでセットしてくれるらしいが、あまり熱を当てたくないので、適当に荒く乾かしてもらった。

このままだとぼわ~っと広がってしまうのだが、乾いた上から何を塗っても駄目なことは経験上分かっているので、マイペンライ。
帰ってからもう1度ぬらして、いつものようにココナツオイルを塗るつもりだった。

で、ボザボザ頭で帰ってきた時、隣の奥さんに見つかる…。
「どこの店へ行ったの?」
「なんであの店(最初に奥さんが教えてくれた店)へ行かなかったの?」
いや~、そこは混んでいて時間がかかりそうだったから…なんてやってると、
ご近所のおばさま達に囲まれる。
そんでまた「なんであそこの安い店の方にしなかったんだ」なんだかんだと、
あっという間に井戸端会議始まる。


つまり彼女達的には美容院へ行ったのに、「そんなヘアスタイルで戻ってきた」→「失敗」→「その店は腕が悪い」という結論になっているらしい。
いや~、わはは。私としてはドライヤーかけない方がいいんだけど、無駄にその店の評判を落としてしまったかのよう…。


そして次の日、隣の奥さんが例の安い店で髪を洗ってセットしたのを見せに来た。コテでくるくるに巻いてあって、確かに日本だとここまでやるとセット料金が別にかかりそうなくらいセットしてある。
次は私も誘ってくれるらしいので、近々イライザのような髪型を経験できるかもしれないな…。
by uraniwaneko | 2005-11-22 11:33 | タイ生活事情

パスポート更新

早いもので10年パスポートも残存期間半年をきった。
タイは公式には入国時に半年の残存期間が必要なので、パスポートを更新することにした。こういう部分はゆるいタイだが、何回も出入国を繰り返している身としては、あえて弱みを見せることはない。

パスポートの更新はチェンマイ領事館で。
必要なものは
・戸籍謄本(抄本)
・申請書
・旧パスポート
・写真2枚(4.5×3.5)
てな感じ。
*実際行く場合はhpなどで最新情報を確認して下され。

受領時に手数料を支払う。前は安かったが、現在は残念ながら日本と同じくらいの料金に改定されている。


まずは写真。近所の写真屋で12枚150バーツ(当日料金)。
6枚で半額とかないかな~って感じだけど、そこはなかった。
しかもジャストサイズがなくて大きめのサイズに…。
ちなみに別のところでは6枚120バーツ。店によってだいぶ違う…。

そして領事館へ。
領事館はエアポートプラザ近くのビルの中にある。
入り口でセキュリティチェックを受けて中に入り、申請書と共に必要なものを出して終わり。ビザ申請に数人のタイ人が来ていたが、パスポートがらみの申請はやはり少なく、すぐ終わった。当たり前だが受付のタイ人は日本語堪能。

で、パスポート。
タイで更新する場合は3日でできるが旧型になるらしい。
*現在のパスポートは電子読み取り式(?)で出入国時に時間がかからないが、旧型だといちいち係官が入力する必要があり、ちょっと時間がかかる。写真もプリントでなく貼り付け。

3週間からひと月待てれば、日本へ送って外務省で現在の方式で更新することも可能。私の場合、残存期間に余裕があるので、こちらを勧められる。
その間、今のパスポートを使っていていいらしいので、待つことにした。

ちなみに来年ICチップ入り(?)のさらなる新型に変わるらしく、現在更新する場合は5年の方がいいかもしれない。
途中で新しい方式に変更できるかどうか分からないし、できた場合も同じ料金を取られるだろうから。
by uraniwaneko | 2005-11-21 11:30 | タイ生活事情