人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ギンビアさんに偶然出会う・その1

ギンビアさんとはタイ語学校で一緒だった、オーストラリア人のおじさん。
学校は先週でコースが終了していて、彼は最後の2日お休みだったので1週間ぶりくらいに出会ったことになる。

ギンビアさんは正直なところ、できない生徒だった。
タイ語習い始めにはおそらく
「サワディーカー(挨拶)」
「私の名前は○○○です。」
「私は△△△人です。」
といったフレーズを習うはずだが、彼はこの「私は△△△人です。」辺りから怪しかった…。
しかも途中で、すでに5年もタイにいて、中級も2回目だということが発覚し(もしかしたら初級も2回受けたかも)、なおさら皆の驚きは高まった。
「彼は注意力が散漫だと思う。」という意見も飛び出し、私自身、「この人習う気あるんかいな。」と思ったほど。

でもこれが数日のうちに、皆、彼の魅力にはまっていくことになる。

ギンビアさんは何といっても陽気。
非常に簡単なフレーズでトンチンカンな返答したり、教科書の発音記号を全然違う風に読んだりして(おいおい、君は英語圏の人だろ!)、間違いを指摘されると、「ガッハッハッハ~」と笑い飛ばす。
その大ボケぶりが可笑しいのと、笑いがホント楽しそうなので、こちらもつられて笑ってしまう。
いつしか皆、彼が返答につまって(割と常)、オドオドしたお茶目なそぶりで助けを求めると、単語や質問の意味を教えてあげるようになっていた。

先生も「ギンビアさんがいると授業のスピードが遅くなる。」といいつつ、
(事実、彼が休んだ日は授業がいつもよりかなりスピードアップし、終わった後はぐったり)
彼がいないと「ワンニー マイミー ルーアン フアロッ!(今日は笑えることが何もない!)」と何回も言う。
彼には「もっと勉強しなさい!」と言ってるけど、私達には「心のやさしいとてもいい人なんだ」と言い、呆れつつも実は彼のことが大好きなのである。

そう、彼は心がやさしい…というかとても純粋な人なんだと思う。
ある日休憩中に私にこう言った。
「タイの人ってホント、ハートの温かい人が多くて、ボクはとても大好きなんだ。オーストラリアの友達なんて…(と首を振る)」
彼はもうタイ歴5年。
長期滞在している日本人で「だいたい1年くらい経つと、タイ人と付き合うのもかったるくなってきますよ…」と言っている人がいるのに。(実際この意見は少数派ではないはず)

ギンビアさんは観光客がめったに行かない田舎の滞在歴が長いということもあるのだろう。(チェンマイにはタイ語を習うために来た)
都会に住んで、金持ち外国人を騙したり、たかろうとする輩に出会ったら意見も変わるかもしれない。でも彼は騙されても「ガッハッハッハ~」と笑ってそうな気もする。あるいはその事に気付かないとか…(こちらの可能性の方が高かったりして)。


と、こんなファニーなギンビアさんなので、面白すぎて、私はいつしか授業中の彼の言動から目(&耳)が話せなくなった。ランチの時にもしばしば話題に出すことから、一時「ギンビア・ウォッチャー」というあだ名を頂戴したほど(笑)。
彼についてのエピソードは次から次へと出てくるが、知らない人には面白くないかもしれないので、明日その一部だけを紹介しよう。(ってまだ続けるつもり…)
by uraniwaneko | 2005-03-31 20:13

式典でのタイ人

今日はちょっとした知り合いにお手伝いを頼まれて、ある施設のオープニングセレモニーに行ってきた。
他にもお手伝いに呼ばれている人が結構いたので、実は多少グラスを洗ったりしたくらいで、あんまりすることもなかったのだけど…。

参加者は50~60人で、日本人とタイ人が半々くらい。
式典は炎天下の中、屋根だけの場所で行われた。
午前中とはいえ、大型の扇風機2台だけではかなり暑い。
しかもほとんどが誰々さんの挨拶ばかりで、通訳を介していることもあり、
なかなか時間がかかる。
私達、お手伝いは式典には参加していないので、施設の外で、適当にお水を飲んだりできるが、式典参加者はそうもいかない。途中で水をくばったが、それでも暑さをしのげるとは言い難かったはず。

相当キツいに違いない…と思っていたら、途中でタイ人が何人か抜けてきた。
一瞬、「あ、終わった?」と思ったけど、誰々さんの挨拶はまだまだ続いている。

抜けてきた彼らは、私達が座っているそばの昼食用のテーブルの一つを占領し、タバコを吸ったり、飲み物を飲んだりしている。
途中で人だかりを見つけた移動アイス屋がやってきたら、アイスまで買って食べている(笑)
あんまりおいしそうだったので、私も次に来たアイス屋からココナッツアイスを買ってたベたくらい。
さらに途中で何人か抜けてきて、テーブルは二つになった。

で、彼らはちょっと休憩して戻るのかと思いきや、そんな気配はつゆほどもなく、式典が終わるまでだらっとイスに座っている。

式典を抜けてきたのはおそらくタイ人参加者の3分の1くらいだろう。参加してる人でも途中で携帯がなったら話し込んだりしていた。

もちろん日本人は誰も抜け出しもしないし、神妙な様子で挨拶を拝聴している(ように見える)。

「いや~やっぱタイ人なんだなあ」となんだかおかしかった。

もちろん、国のお偉いさんが参加しているような式典ではこうもいかないだろうけどね…。
by uraniwaneko | 2005-03-30 20:10 | タイ生活事情

とうとう断水!で、疑問に思ったこと

夜8時くらいに蛇口をひねると、水が一滴も出ない。
他の蛇口からも出ない。
つまりいつのまにか断水していた。

飲料水は水屋さんからボトルをケースで買っているし、水浴び(アープナーム)は大きいバケツに水を溜めているので問題ない。

問題はトイレ。

タイ人はトイレで紙をつかわない。終わった後は手桶の水か小さなシャワーで洗う。とはいえ外国人の多い地域の宿泊施設やショッピングセンターには紙が用意されていることもある。ただし終わった後の紙は流さずゴミ箱に捨てる。

で、私は旅行で来ていた時は紙をつかっていたが、今はほとんど紙を使っていない。
が、どうも手桶の使い方がよくわからないので、いつもミニシャワーを使っている。これなら大きいウォッシュレットのようなものなので、ちょっとコツをつかめば、むしろ紙より清潔かもと思えるくらい快適。
ちなみに水が乾くまで待ってられないので、そのままパンツを穿く。暑いタイのこと、こんなものはすぐ乾くということか。
(場所により水の勢いが違うので、他の場所だと失敗してパンツやズボンが水浸しになることもある。ま、それもそのまま…)

前置きが長くなったが、つまりこのミニシャワーの水が出ないわけである。
といっても終わった後に流す水用のバケツ&手桶はあるので、水がないわけではない。
ということで手桶初挑戦となった。

結論からいうと、かなりの失敗。というか、あのしゃがんだ姿勢でどうやって水をかけるんだろう? シャワーは勢いがあるので、目標に当てるのはそう難しくない。でも手桶の場合は…?
お風呂の時のように洗えばいいようなものだが、裸とパンツ穿いている状態では違うわけで…。しかも前からかけてみたら、パンツが水浸しになるわけで…。水浴び前でよかったよ~という感じ。

これはやっぱりインドみたいに手を使うんだろうか? でもインド人が実際どういう姿勢でやってるかもよくわからない。
さらに私は体は硬くはないが、肩の筋のどこかが硬いので、右の手が後ろに回りにくいというハンデがある。
さて、どうするか?


実は別に困ったという程でもなく、こういう場合は紙を使えばいいだけなのだが、なんとなく気になってしまう。
いつかタイ人に確認してみよう。でもいくらタイ語が流暢に話せるようになっても、よっぽど親しい人じゃなきゃこんなこと聞けないかもしれないが。
by uraniwaneko | 2005-03-29 22:00 | タイの習慣

いきなり害虫駆除

朝、ボォオオオオ~という音が近づいてきた。
この音は…もしやあれでは?
すぐさま、網戸にしているドアと窓のガラスを閉めた。

あれとは害虫駆除。ここへ来て2度目だが、前回は「何だろう?」と思いつつ外も見なかったので、殺虫剤の臭いが部屋中に広がって、とても部屋にいられたもんじゃなかった。(おかげで何だかよくわかったが)
で、外に出てみると、いるわいるわ、ゴキブリが…。
5~6匹、ひっくりかえってヒクヒクしていた。まだ死んでないので、帰ってきたら片付けようとひとまず脱出。すると、ソイ(小道)沿いに同じような光景が…。しかも隣の犬なんて食べてたし。ミッキー(ネズミ)だけじゃなくて、ゴキブリも食べるんだな、と…。

脱出途中で害虫駆除の現場を発見。家の高さまで白い煙がモクモクと立ち込めている。知らなかったら火事かと思うくらい。
と、その中からガスマスクに1mくらいの大筒をかかえたお兄さんが現れた。
駆除を行う人らしいが、君の健康は大丈夫なのかね?と聞きたいくらいの状況。

そういえば小さい頃、私が住んでいた地域でも消毒の日があった。遠くからポォ~という音が近づいてきて、その日は家から出るなと言われていた。

とはいえ、この状況はそれと比べてずいぶん過激。
せめて事前に知らせてくれ。
と、思ったが、うちの近所でたまに、東京の街頭でキリスト教の勧誘をしているような音声が流れてくることがあって、あれがお知らせ放送なのかもと思い直した。

で、その後のゴキブリだが、数時間後でもまだヒクヒクしていた。生き返って無事逃げたのすら何匹かいた。おそるべし、ゴキブリの生命力!

と、ここまでは前回の話(長いっちゅうの!)。

その体験から教訓を得て、うちにはゴキブリつかみ用のトンクが常備されるようになったが、今回は1匹も出なかった。なんだか拍子ぬけ。
殺虫剤くさい臭いがしてたので、害虫駆除に違いないとは思うのだが。
乾季だから繁殖しにくいのかな? 
ま、いないに越したことはないのだけど。
by uraniwaneko | 2005-03-28 21:59 | タイ生活事情

ご近所猫

うちの近所は猫銀座。その一部をご紹介しませう。

c0031296_21545942.jpgc0031296_21551812.jpg

左の茶トラは最近のめっけもの。
まだ子猫らしく、甘ったれで少し構うと足にすがってくる。すでに学校に遅刻する時間だったので、ちょっと遊んだだけで「また今度ね。」
右の2匹はいつも一緒にいる麗しの姉妹(と勝手に思っているがオスという可能性も…)。
特にグレーの方はなかなかの美猫。タイにはグレーの猫もけっこういるらしく、近所にはかわいいグレーとシロのブチ猫なんてのもいる。人見知りが激しくて写真にとれないのが残念。

c0031296_21555537.jpgc0031296_21561328.jpg

左は休憩中の屋台で、自分も休憩するミケ。タイにもミケがいるんだな~。
右は最近の新顔、茶トラぶちの子猫ちゃん。他に2匹いるのだけど、逃げられた。


ところで、この前、私が猫の写真をとっていると、「ニャ~、ニャ~」と猫の真似をするお姉さんがいた。
「何だろう?」と思ってそっちを向くと、何かをタイ語で話しかけてくる。
写真とかいってたので、てっきり「猫の写真撮ってるの?」と聞かれたのだと思って、適当に笑っていたら、「猫じゃないと写真撮ってくれないよ~」と近くにいたおばちゃんと笑ってた。
どうやら猫のまねして「写真撮って~」と私をからかっていたらしい。
by uraniwaneko | 2005-03-27 21:53 | タイ猫

クィティアオ・エンタフォー味

c0031296_045982.jpg


どピンク色がいかにも体に悪そうだが、これはエンタフォーという豆腐を発酵させた腐乳の色。腐乳は中国でもおかゆなどに入れて食べる、いわば豆腐のチーズのようなもの。
クィティアオ・エンタフォーはこの腐乳をスープに入れたクィティアオ。
タイの食堂は調理場が入り口にあることが多く、そこにピンクの液体が置いてあればエンタフォー味が食べられる(んじゃないかな)。
店によって味は違うのだろうが、ここのエンタフォーはナンプラーと唐辛子を入れてもけっこう甘かった。

写ってないけど、麺はセンレック。揚げワンタンの皮や、野菜、揚げ豆腐、豚の血を固めたもの、イカなどが入っていて具だくさんだった。
ちなみに家の近所で食べたので値段は15バーツ。安い。
by uraniwaneko | 2005-03-26 00:44 | タイめし

酒好きの神様にはツケもきく

タイ人は仏教徒が多いが、ピーという一種の精霊を信じていたりもする。そのピーかどうかはわからないが、うちにも神様がいる。

c0031296_0415312.jpg玄関先に神様が祀られている。こういうの何ていうのか知らないのだけど。神棚?

この神様はお隣さんと共同のもので、お隣さんは毎日お水や果物、お線香を供えて手をあわせている。
この神様はお酒好きだそうで、家でお酒を飲む時には神様にもお供えしなくてはならないらしい。
私は信心深くはないのだが、お酒はよく飲むので、お隣さんに敬意を表して、部屋でアルコール類を飲む時は小さなグラスに入れてお供えするようにしている。
が、信心深くないだけに、よく忘れる。。。
「すいませ~ん。今度ちょっと多めにお供えしますんで…」
「あ、これ、この前の分と一緒ですんで…」と勝手にツケをきかせている。
まあ、神様なだけに懐は広いであろう。
by uraniwaneko | 2005-03-25 00:40 | タイの習慣

日本食料理屋FUJIへ行く

*タイ料理じゃないけど、「タイめし」カテはタイで食べるご飯ということで…。

「今日はいいもの食べに行こう!」
学校がある日はクラスの日本人の人と一緒にランチをする。
一番最初の日にお互いの価値観を確認し、普段はランチ予算は20~30バーツなのだが、たまにちょっと贅沢をしてみたりする。
で、今日は日本料理屋FUJIに行こうということに…。
この店は、チェーン展開している割と有名な店でチェンマイにはエアポートプラザとナイトバザール近くのパンティッププラザに入っている。

贅沢といっても私の場合、普段が20~30バーツなだけに、150バーツ(約400円)くらいまでかな~というところ。サービス料も10%かかるし。
でもこの手の日本食料理屋は一応、外人や金持ちタイ人相手なので、150バーツ予算でも安い方。
メニューとにらめっこしながら、何にしようか迷ってると、「もう日本モード入ってるんで、舟盛りに挑戦するわ」との声が…。学校が明日で終わりになることもあり、彼女は明日チェンマイを発つ。舟盛りも小さいのは250バーツ(約680円)くらいなので、日本モードなら安い。天ぷら定食を一緒に頼むとのことで、私もお刺身のご相伴に与かることに。
で、私は照り焼き定食。
「つーか、それガイ・ヤーン(タイの焼き鳥)じゃん。それでいいの?」との声が飛ぶ。確かにガイ・ヤーンだ(笑)でも照り焼き味はやっぱ日本なので、これでいくことに。ちなみにお値段は110バーツ。お味もなかなかおいしかったですよん。

外国に来てまで日本食なんて…と思う人もいるかもしれないが、別にいつも食べてるわけじゃないし、外国での日本食体験もたまに「違うじゃん、これ!」というものに出会えたりして、それなりに楽しめる。まあここはメニューを見る限り、ハルマキの中身がポテトサラダで、どっかでコロッケと混ざったらしい…というもの以外はかなりまともな日本食を出す模様。
(ハルマキはタイ料理にもあるので、わざと違いを出してるのかもしれないが)

c0031296_0351390.jpgなぜかタイでは日本食としてのカニカマの知名度が高く、舟盛りにも入ってる。赤いのはまぐろの赤身、かな?(笑) わさびが結構おいしくて、もらって帰る(手に入りにくいので)。袋をお願いすると、ちゃんとプラスチック容器をくれた。


c0031296_035569.jpgc0031296_0361649.jpg
これに味噌汁もつく。米も日本米だし、けっこうまともな感じ。つけものはキムチだったけど。

話がそれるがこの人によると、以前受講した初級クラスに「ランチ予算は200バーツ」という駐在員夫人がいたとか。それはそれでありだと思うけど、200バーツって冷房の聞いたこ洒落たレストランかホテルのランチかって感じなので、そればっかじゃつまらないような気がする。
by uraniwaneko | 2005-03-24 00:34 | タイめし

チンチョック(ヤモリ)出動中

我が部屋で毎日チンチョックに出会う。外出から帰ってくると、急いで逃げることから、私がいない間に食べ物でも物色している模様。
何匹いるのかは定かでないが、一度に4匹見たことがあるので、それ以上はいるはずだ。

チンチョックはヤモリで、東南アジアの家にはどこにでもいるのではないだろうか。高級ホテルですらいると聞いたことがある。

東京で見たヤモリは鳴かなかったような気がするが、チンチョックは「キェッキェッキェッキェッ…」とか「キョッキョッキョッキョッ…」とか割と大きな声で鳴く。名前からすると「チョッチョッチョッチョッ…」と鳴くらしいのだが、私にはむしろカ行の音に聞こえる。ヤモリが鳴くなんて知らなかったものだから、最初は見たこともないような大くて派手な色合いの虫を思い浮かべていた。いや~、ヤモリでよかった。
ついでにいうと彼らは鳴く時に尻尾を左右に振るようだ。

c0031296_0301734.jpg急いで裏庭のドアの隙間に逃げ込むチンチョック。昼間だと影が大きめに映るので、最初は「何がいるんじゃ!」とドキドキした。


で、この前、やたら羽アリが裏庭の蛍光灯に群がってる日があった。南国の家ってのは密閉度が低いので、部屋の中の蛍光灯目指して網戸の隙間から入ってくる入ってくる…。「まいったな~」と思ってたら、どこぞからチンチョックがわらわらと出てきた。いつもはベタっと壁に張り付いているのに、頭を上げて、心なしか緊張感が漂っている。…と、固まっていたチンチョックが、羽アリが網戸の隙間から入ってきた瞬間にパクッと飛びついた。
「おお~! ヤモリは虫を食べるのか~」
しばしその技に見ほれる…。この日から私とチンチョックの親密度は増すことになった。

c0031296_0305736.jpg出動中のチンチョック。羽アリが入ってくるまでピクリとも動かない。この時は3匹いたが、明らかに狩りが上手な1匹だけがやたら食べていた。
by uraniwaneko | 2005-03-23 00:29 | タイ生活事情

タイ映画を見る

今日はエアポートプラザでタイ映画。火曜日は通常100バーツのところ80バーツで見られるのでちょっとお得な感じ(日本円で約55円安いだけど…)。
ここはシネコンなのでハリウッド映画なども上映している。ポスターを見る限り「リング2」なんてのも上映しているらしい。

私が好きな映画は
●言葉少なに淡々と語る叙情的な映像(キエシロフスキとか)
●エロ+耽美
●狙ってないバカ+ペーソス
という感じだが、タイ映画に上二つが期待できる可能性は低いので、
必然的にバカ路線になる。ま、狙ってないわけないし、ペーソスもないだろうが…。ここはタイ映画発掘というより、ヒアリングの練習ということで。


タイ映画はなぜか英語字幕付きがある。日本で上映する邦画に英語字幕があるようなものなので、不思議な感じだが、こちらとしては好都合。
タイ語音声のみという状況に比べて、まだ内容が把握できるだろうから。
まあバカ映画は映像見てるだけでもなんとなく内容はわかるような気もするが、ヒアリングの練習なら、対訳があった方がいいということで。

で、練習になりましたよ~、英語読解の(笑)
映画はコメディで「善人が悪人にちょっかい出されるけど、最後には勝つ(かなり大雑把だが)」的なものなので、英語字幕自体もそう難しくない。
ただしテンポの早い場面で、画面いっぱいに字幕がある時は、最後の方が読みきれない…。
なのでタイ語音声に集中しつつ字幕を参考に、というより英語字幕に集中せざるを得なかったので、耳より目が疲れた。
肝心のタイ語は、ところどころ知ってるフレーズが聞きとれるくらい。
学校へ行く前よりは進歩してるけど、まあぼちぼち行きましょうやという感じか。

c0031296_22441132.jpgチェンマイ空港そばのショッピングセンター、エアポートプラザ。冷房が効いていて、長時間うろうろしていても怪しまれない、暑い時期には貴重な場所。自分の住んでるところとは別世界なので、たまに行くとお金を使ってしまいそうになるのが難点。ちなみにヤマザキパンなんてのもあり、大福が売っていた。色は黄色だったけど…。
by uraniwaneko | 2005-03-22 22:43