人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

カテゴリ:2008年末_上海・タイ( 11 )

バンコク

上海&タイ(ワイ島)旅行:2008年12月27日~1月4日

ワイ島からの戻りはスローボート。
9時発が10時半過ぎ発になり、40分くらいのスピードボートに比べて2時間半と時間もかかり、チケット買ってあったたバスに乗り遅れ…でバンコク到着は何だかんだで夜9時ごろ。

翌日の昼過ぎの便だったので、バンコクはほとんど何もせず(まあワイ島でもそうだったけどー)。

でも宿で会ったバスク人と少しだけ話したのはけっこう印象深い。今回は誰かと会話するのが少なかっただけに一層…。

てかバスク人って始めて会った。
正確に言うと国ではないので、彼の国籍はフランスだったと思う。
住んでるのはスイス。
でも何人か聞くとバスク人と答えた。
シチリア人とのハーフらしい。
でもバスク人と答えるんだな。

生まれのせいか、彼は言葉にとても興味があるらしく、5カ国語を話せるとか。英語は下手だといってたけど、確かに簡単な単語を知らなかったりするが、ぜんぜん話せる。社交的な欧米人の中でも話好きみたいだし、やっぱ話したい欲求のある人は言葉が上達するもんだ。

いったん、ベトナムに行った後はタイに戻って東南アジアを回るそうで、アジアのことを聞かれるままに話した。
旅先で人と話すにはけっこう楽しい。

これ以外はバンコクでは時間がないだけに楽しみはタイ料理しかない。まず宿へ行く道でカオニャオとナムプリックヌンを買った。ナムプリックヌンはチェンマイみたいにそこら中で売ってるわけじゃないので、見つかって嬉しかった。この辛さがたまらない!

翌朝は市場でぶっかけ飯(下記)を購入。
空港へ行く前に近所の屋台でガイヤーンとソムタム。ベトナム経由でホーチミンで8時間待ちだったのでホーチミン空港で食べた。バンコクの空港でかばんの中のソムタム(かなり汁っぽい)が液体チェックにひっかからなくてよかった。
ただ、ホーチミンの空港にはベトナム旅行に来たこぎれいな日本人もたくさんいて、その中でソムタムとガイヤーンを手づかみで食べるのはどうか?と思ったけど。ちなみに空港は以前のどんより暗い建物からぴかぴか明るい建物になっててびっくり。なおさら食べるのに躊躇した(笑)

c0031296_14102442.jpg近くの市場に食料を仕入れに行ったら、早朝なので僧侶が来てた。トラックで遠征中?

c0031296_14111184.jpgさんざん迷ってバジル炒めに春雨炒めをのっけてもらった。目玉焼きも頼んだつもりだったがのってなかった。残念。

by uraniwaneko | 2009-02-24 14:09 | 2008年末_上海・タイ

ワイ島の宿

上海&タイ(ワイ島)旅行:2008年12月27日~1月4日

間が空いちゃったけどワイ島続き。
そういえば夏のカリマンタン島も途中で終わってるなあ。
そんなこといったらネパールも途中だったよ。もう2年前の話だけど…。

気を取り直してワイ島の宿。
予約必須の年末のビーチということで苦労して(?)銀行振り込みで事前予約をしたことは以前に書いた。

Koh Wai Pakarang Resort。英名でcoral resortとも言うらしく、珊瑚がきれいな島だったのか現在もそうなのか、波が高くて透明度が悪くてちっともわからなかったけど…。

この島はおそらく宿が4軒あって(内ひとつはどうみても営業してなかった)、日本からメールで直接予約できそうなのはここだけじゃないかな。英語も通じるし。ほかの宿を見る限り、一番料金が高いと思うけど。
でもお隣のチャーン島よりはずっと安い、料金だけで言えば…。ただ、宿しかない島と便利で観光設備も整っているだろうチャーン島を比べるのも無理があるかもしれないが。

私が到着したときの受付の反応を見る限り、メールで海外から予約する客は少なさげ。欧米人たちはバンコクあたりでどこか通して予約してるのかな? 振込み手数料を考えるとわざわざ海外から予約するのも馬鹿らしいよね。やったけど。
ちなみにタイ側の銀行の振込み手数料はやはり500バーツとられてたっぽい。結局日本分とあわせて振り込み手数料5500円。
宿代が計9000円くらいなのにね(笑)。私にしてはリッチな旅だわ。

年末ということもあってか滞在客はタイ人が多かった。私が乗った島へのボートもほとんどがタイ人ファミリー&カップル。欧米人カップルは数組。日本人は私一人。
チャーン島あたりから1日ツアーで来てるのもタイ人が多かった。しかしこういう島に一人ってのは、やっぱりりむなしい…。

宿はどこもそうだけどバンガロータイプ。ここは数部屋つながったタイプもあった。
私が泊まったのは木のバンガロー。コンクリタイプもあったけど、若干高めになる。
部屋の前は海!のビーチビューで1泊1000バーツ。同じタイプで800バーツもあった。海の見え方の違いだと思う。ビーチのまん前でこの値段は安いと思うけど、部屋自体は…海辺じゃなきゃ200バーツくらいのレベルかなあ。

c0031296_1453887.jpg泊まったときは夜間の風がすごくて、夜中に「バーン」と何か屋根にぶつけられている音が何回もして、「酔っ払いが暴れてる?」のかと思ったら犯人はココナツだった。さすがにビーチ沿いのはとってあったけど、部屋の上のはたわわに実ってた。屋根の上だけじゃなく部屋の前とかにも平気で落ちてくるので危険(笑)。無事でよかった。

c0031296_1455754.jpgダブルベッドで蚊帳つき。マットはヘタレだった。

c0031296_1461663.jpg前の客があばれたかして床に大きな穴があった(待たされたけど修理してくれた)。電気は一応24時間。電球なので部屋の中は暗いけど電気があるだけありがたい。ちなみに乾季で曇りだったので扇風機はいらないほど涼しかった。シャワーの水も海水ではなかったと思う。

c0031296_1464395.jpg食べるところも必然的に宿。料理はおいしかった。これはパッキーマオかな。85バーツ。この手の場所にしては安い方なのかも。

by uraniwaneko | 2009-02-23 14:03 | 2008年末_上海・タイ

ワイ島への道

上海&タイ(ワイ島)旅行:2008年12月27日~1月4日

ワイ島はチャーン島のそばなので、基本的にはチャーン島と同じくトラート経由でボート。

ということは知っていたが、なんせワイ島自体の情報が少なく、事前にどれくらいボートがあるのか、いまひとつ不明だった。
まあ宿のHPに定期ボートがあると書いてあったので、行けないことはないだろうと…。

トラートまではバス(飛行機もある)。
エカマイ(東)バスターミナルから出ている。
*バンコクへ早く到着した場合は、空港そばのバスターミナルからトラートまで行く方法もある。が、ここからだとバスの本数も少なく、トラート行きの終バスも多分18時。

ボートはトラートのバスターミナルで適当にボート乗り場(レーム・ンゴップ)行きのソンテウに案内され、ソンテウに乗ると適当にチケット売り場へ連れて行かれる。
もちろんこの間、しばしば待たされる。
*ワイ島行きは少ないだろうから、午前中にターミナルに着いてる方がいいんではないかと。

結局、12時発(って13時くらいの出発だったかな)のスピードボート450バーツに乗った。
宿が出す定期ボートはスローボートで15時発。250バーツ。
スピードボートは確か…40分くらい? スローボートだと2時間以上。尚、チケット売り場ではスピードボートのチケットしか売ってないと思うので、聞かないとスローボートのことは教えてくれないかも。


時間を考えて、スピードボートにしてみた。
スピードボートって、何回か乗ったことあるけど、ものすごくこわいイメージがあった。その手のボートは、ぼろいボートにむちゃなエンジンを搭載してるわけで…。
今まで河だったけど、今回は海なのでしばし躊躇したが、実際乗ったボートは新しく、外見はちゃんとしたものだった。
さすがメジャーな観光地だなと(チャーン島行きがメインだろうから)。

と、行きは割とすんなり(?)いけたが、これらのスピードボートは宿と関係ないもので、帰りはいつスピードボートが島に来るかはわからなかった。波の状態にもよるだろうし。
なので帰りはスローボートにして、2時間以上かかった。
が、この宿が出すボート自体も「波が高いと午前中には出ない」といわれてしまい少々あせった。午後に出る保障もないしね。
よっぽどな天気じゃないとスピードボートも来ないなんてことはないんだろうけど、その日にトラートに戻れなければ日本行きの飛行機逃してしまうからねー。
戻れてよかったっす。

c0031296_8494229.jpgスピードボート。過去に乗ったぼろいのは多分8人くらいしか乗れないやつだけど、これは…20人以上は乗ってたかな。

by uraniwaneko | 2009-01-29 08:42 | 2008年末_上海・タイ

ワイ島は宿しかない島

上海&タイ(ワイ島)旅行:2008年12月27日~1月4日

初めてのタイの海。
日数がそんなにないからバンコクから比較的短時間で行けるところ。
一人だからのんびりできるところがいいな~。マリンスポーツのメッカみたいな賑々しい場所じゃなくて。
そして宿代が安ければ…。

という感じでなんとなく見つけたワイ島。

宿が4軒(内、1軒は営業してなかったような…)しかない、というか宿しかない島なので、確かにのんびりはできる。

しかし天気がどんより曇りで、波が高くて海の透明度もいまいちだったので、そういう場合でも、いまひとつな海を見て過ごすしか時間のつぶしようがないけど(笑)

チャーン島が近いので、「遊びに行く?」なんて思っても、そもそもチャーン島から日帰りで遊びに来る方の島なので、ボートの便が(ワイ島から出る側には)都合よくなかったと思う。
もともと無人島で漁民が住んでるわけじゃないので、そこらのおっちゃんと交渉してボートに乗っけてもらうこともできない。

まあ波が高いときは、ボートを出せるかどうかも疑問だけどね。

島からアイランドホッピングのツアーが出てないこともなかったが、だいたいワイ島自体がその手のツアーで訪れる島。
昼過ぎに来てた日帰りツアー客が、透明度の低い海でシュノーケリングしてたし…。
ということは、ほかの島も天気が悪いときは同じようなものかなと。

ああ、きれいな海でシュノーケリングしたかったな(笑)

c0031296_84742.jpg到着したとき。各宿は離れているのでそれぞれ桟橋がある

c0031296_843686.jpg

c0031296_844646.jpg一番ましだったトラートへ戻る日の海

by uraniwaneko | 2009-01-28 08:02 | 2008年末_上海・タイ

年末~年始・上海&タイ(ワイ島)は天気悪かった

上海&タイ(ワイ島)旅行:2008年12月27日~1月4日

27日~30日まで上海。到着日の27日はどんより曇りで小雨、中2日の28~29日は割りとどしゃぶりの雨…。

バスで郊外の水郷の町へ行こうと思ってたけど、こんな雨で水郷の町って…と行く気が失せ、結局、上海の中心部をひたすら歩いた。
昨年の往路トランジットで立ち寄ったyuyuan(予+象・園)にもう一度いって、バンドの夜景も見た。
バンコクへ出発する日は割といい天気だった…。
ま、リニアモーターカー(上海ではマグレブというらしい)にもう1回乗れてよかったかな。

ワイ島(チャーン島の近く)はバンコクからの往復以外は中2日。
これが太陽の光を一度もおがめないくらいの厚い雲。
行った日はまだ雲の合間から、たまに太陽が顔を出し、バンコクへ戻る日が一番ましな天気だった…。

めちゃ曇りと関係しているのか知らんが、中2日は波も高くて透明度低い。

しかも寒くて、フリース着用。
この時期、乾季で一番涼しい時期だけど、チェンマイ並みに涼しかった。

残念ながら、初めてのタイの海だったけど、ステキな印象はなかったな。

国土をはさんで反対側になるサムイとプーケットでは、いい時期がずれるというのは知っていたけど、サムイと同じ海側にあるワイ島、というかチャーン島とかも一緒なんだろうか?
それとも単に運が悪かっただけ?

ま、今後は海も行ってみようと思ってるから、そのうち分かるだろう。

てことで、今回、ステキな海の写真はないけど、そのうちアップする予定。
あ、結局デジカメでなく、携帯にメモリースティック差し込んで使った。

懸案(?)の充電は、変圧器でなく、純正品でない200V以上対応の充電アダプターが約1000円で売ってたので、一番安い方法にした。2GBのカードが2400円くらいかかったけど、新しいデジカメ買うよりは、ね。

読みにくいマニュアルには100V以上では使うなみたいなことがかかれてたけど、一応使えた。
変圧器はむしろ携帯みたいな精密機器はこわれる可能性があるらしい。重いしね。
by uraniwaneko | 2009-01-17 08:19 | 2008年末_上海・タイ

デジカメ壊れる

仕事でデジカメを使う機会があったので発覚。
充電後でも電源がオンにならない。
コンセントにつないだ状態では電源はオンになるが、画像の閲覧のみ。撮影モードにならない。

充電ができないだけでなく、電源が入ったとしても撮影ができない。

なんか二重三重に壊れてる感じ。

あと1週間で旅行だというのに。。。
まあ、直前に発覚するよりはいいけど。

しかし、デジカメ購入?
修理に出す時間もないけど、修理出すのも迷うところ。
今まで別のデジカメの修理は2度ほど出したことあるが、同じ部分が再度壊れたり、修理代も8000円くらいかかった記憶があるので、買いなおす方が早くて確実。今どきは2万円でそこそこのが買えるし。

でも今、その2万円は出したくないなあ。
それに、3万円台で一眼レフ買える時代になってるから、もう少し待ってどうせなら一眼レフ?とか考えたり。

いっそ携帯用のメディア買って、携帯をデジカメとして使うか?
300万画素らしいし。
と思ったが充電が100Vまでなんだねー。
ということは変圧器もいるわけか。
メディアが1500円、変圧器が5000円ってとこ。

そしたら2万円出して、もう少しスペックよくて使い勝手のいい方がいい? 携帯は撮影しにくいし。

迷う~。

なんか今回の旅行は迷いっぱなし。
空港占拠で、行くか?
海外送金で振り込むか?
デジカメ買うか?

はあ、面倒…。
by uraniwaneko | 2008-12-22 07:32 | 2008年末_上海・タイ

航空会社で明暗…でふと思ったこと

空港占拠の頃、ネットのニュースで「航空会社で明暗」みたいなのを読んだ。

バンコク行きは多数の航空会社の便があるので、臨時便が出たタイ航空、JAL、ANAとアメリカ系のノースウエストやユナイテッドで、対応に差が出ているという話。
確かノースやユナイテッドは臨時便への振り替えをしておらず、新規の予約を入れることになり、なかなか乗れない、みたいな話だったような…。

それでもノースやユナイテッドは、往路未使用なら払い戻しに応じ、往路使用済みでも、もともとのフライトの日程を近々の日付なら無料で変更できる特別措置をとっていたと思う。

今回の件はいわば人災で、本来なら航空会社は免責…といわれても仕方ないケース。だからできる限りの対応をしていたと思う。

そこで、私の持ってるチケット。
行きは上海経由の中国東方航空(昨年発券の復路)。
戻りはホーチミン経由のベトナム航空(バンコク発往路)

これらの航空会社はどういう対応しているのか気になるところ。

ニュースを探してみたが、なかったような…(そうだろうとは思っていたが)。
まあ経由便で、バンコクから見ると行きは中国からのフライト、戻りはベトナム行きになるわけだから、日本のニュースでは名前が上がってこないということもあるかな。
と思って航空会社のサイトを見てみたけど、この件に関する記述なし。本社の英語サイトも見てみたけど、なかったと思う…。
(ノースなどではサイト上でバンコク空港占拠に関する案内があった)

もしやチケット持ってた人は泣き寝入り?もあったのかもな。
そうでなかったとしても対応がすばやかったとは思えない…。

同じ経由便でもシンガポール、キャセイ、マレーシアあたりに比べて、今ひとつ対応が遅そうだし悪そうだし(勝手に思ってるだけだけど)。

ちょうどあの時期にあたってたら、最悪、上海で足止め。戻りのベトナム航空はバンコク行けずに乗り遅れ、仕方なくバンコク行きはあきらめ、でも上海から日本のチケットは新規で購入、なんてこともあったのかも?

日本発で考えると行きと帰りのチケットが違う、比較的マイナーな航空会社、経由便…安いチケットでバンコク連鎖ってこういう場合、かなり不利だな、と思った次第。
by uraniwaneko | 2008-12-21 07:28 | 2008年末_上海・タイ

タイへはじめての海外送金

はじめての海外送金。
興味もあって、事前にいろいろ調べてみた。


<ゆうちょ銀行>
ゆうちょ銀行が手数料2500円で一番安い。
が、現時点でタイへの口座振込みはできない。そんなマイナーな国じゃないだろうよ~。ゆうちょがんばってくれ~。

<バンコク銀行東京支店>
次に考えたのがバンコク銀行の東京支店。
バンコク銀行の口座を持っているので、東京からタイの自分の口座からの振り替えを依頼…は無理。ま、そうだと思ったけど。
しかしタイへの送金手数料はさすがに3000円と安い。
が、郵便での事前登録制で数日を要するのでこれは無理。
ただ、もしかしてタイ国内の電話振込み依頼サービスとか利用できたのかな? でも国際電話でつながるかわからんし、通話料もかかるけど。そしてこれも登録制? だが、何より面倒。こまかい銀行用語の英単語が出てきたらアウトだし。

<そのほか>
シティバンクとかあるけど、口座もってないのでよく調べてない。そのほか留学生だとさすがに専用の送金サービス手段があるみたい。私は関係ないけど…。

<都市銀行>
結局、普通の銀行。
多少高くても、会社のそばで振り込めるのが一番面倒ないわな。
2都市銀で聞いてみて4000円~5500円目安。これも支店によっては海外送金できないらしいが、会社の近くではできるらしいので。


●それ以外に海外送金で必要になるお金
ちなみに海外送金の場合は日本側の送金手数料のほかに、為替手数料および受け取り側の銀行手数料も考慮にいれなくてはいけないらしい。

為替手数料(この場合、日本円からタイバーツ)は振込み額が小額なのでこれは気にしない。一応聞いて込みのレートで2.69と2.7くらいの違いだし。

タイの銀行の手数料は…、これって日本側だと分からないらしい。途中の送金ルートによって違ったりするらしく。
支払い方法が2つあって、1つは日本側で振込み金額と別に預かるもの、こちらが(多分これ以上にはならないだろうという設定の)2500円だか3000円くらい(つまり合計で7000円~8000円!)。これの注意点として、最初に日本側で預かったとしても、別途支払い先(宿)に請求されたり、振込み金額から引かれてしまう二重取りの場合があるとか。(タイ…、ありそうだよ)
そして2500円だか3000円もかからなかった場合はどうなの?って感じだし。

もう1つは日本側で「支払わない」にしておき、必要なら支払い先で支払ってもらう方法。
こちらにして、ま、宿側は払うわけないから、振込み金額に宿に請求されるだろう手数料分を上乗せして振込みしてみた。これなら少なくとも二重取りは避けられる。
3000円(約1100バーツ)は多すぎでしょと思い、バンコク銀行で500バーツ預かるといってたのを参考に900+500で1400バーツ。
手数料が500バーツ以上じゃなければいいけど~。

宿には一応振込み証(宿側からの依頼でメール添付:小さな島にしてはしっかりした担当者だな…)と、手数料上乗せの件を連絡して、一応予約OKになった。

ということで支払い金額
某都市銀で
都市銀手数料4000円(3~4日かかる:至急は5000円)
振込み額1400バーツ(3780円・1バーツ2.7円レート)

合計7780円なり~。

つ、つかれた。

結局、5000円以上(約1950バーツ)手数料を払うことになり1泊あたり650バーツも上乗せ…。いつもなら650バーツだけでも3泊はできそうだな。ま、それは言うまい。→言ってるけど。
これでも近くのチャーン島あたりの宿をオンライン予約するよりは安いってのが怖いね。ま、今から予約がとれる可能性は低いだろうが。
by uraniwaneko | 2008-12-15 07:23 | 2008年末_上海・タイ

タイの宿からデポジットの請求が届く

タイ、やっぱ行くかな。

と思い始めたころ、予約できてるかわからなかったタイの宿から「15日までにデポジット払わないとキャンセルするよ~ん」というメールが来た。(ちなみにやりとりはタイ語でなく英語)

…上海の宿は、経済的な宿が予約できる英語サイトで予約したので、デポジットはネットのクレジット払い。

タイの方はなんせ3~4件しか宿がない規模の島だったので、そうした予約代行サイトから予約できない。

当然、デポジットはタイの銀行口座振込みのみ。つまり日本の銀行から海外送金することになる。
デポジット自体は1泊1000バーツ×3日の3割で900バーツ(最近のレートで2500円くらい)。
1000バーツって私がタイで泊まる宿にしては高いけど、年末の島(ビーチ)にしては多分だいぶ安いほう。そして年末の島は予約しないと泊まれない可能性が高い。たとえ比較的マイナーな島だろうが、空港占拠があっただろうが(ま、タイ人も多く行くだろうし)。
予約を取り消して、島以外のタイの地方へ行くことも考えたけど、せっかくだし。
タイの海、みたことないんだよな~。と思って予約決行。


ここで問題なのは海外送金手数料。
海外送金はしたことないけど手数料が高いことだけは知っている。デポジットより高い、というバカなことになるはず。

他に安い手段はないのか?(為替…は時間かかりそうだし相手側が面倒そうだから駄目だろうなあ) 
と探してみたが、paypalとかだと多分、相手がpaypalにアカウントを持ってないと駄目だし、私自身も受け取り側の仕組みに詳しいわけじゃないから理解してもらうのが無理だろう。しかも別件でpaypal払いがうまくいかなかったこともあるし(なぜか何度やっても最後でエラーになる)


よし銀行の海外送金で払おうじゃないか!
そしてタイに行くぞ。→こんなことが決定打(笑)
by uraniwaneko | 2008-12-14 07:00 | 2008年末_上海・タイ

年末タイは決行?

スハンナプーム空港占拠…。

年始、帰ってこれないのが困る。
一応、働いているので一番の問題はこれ。

バンコク行き(上海経由)のチケットの半券は捨てることになるが、日本へ戻る方のバンコク発便はまだ支払い前だったのでこちらは無料でキャンセルできる。この際、バンコク連鎖を断ち切るのもいいかも…。なんて思っていた。
うっかり予約した上海の宿のデポジットは1000円くらいだし、これはいいや。タイの宿は予約できてるかわからんし、デポジットも払ってないし…。

空港占拠終了後、正常運行が15日くらいになるという予測が出たときは、どちらかというと気持ちはキャンセルに傾いていた。タイのことだからだいたい予測より遅れるのが常だろうし…。


が、その後、意外に早く正常に戻った。
こうなると迷う。
バンコク発の発券期限は19日(ちなみにベトナム航空)。
しばらくタイ関係のニュースや、在住者のブログなどを追ってみた。

なんかもう一度空港占拠なんてことはなさそうだな…。
あの行動に対して関係ない国民の反応は冷たそうだし、もう一度やるなんてバカなまねはさすがにしないのでは?
ここで、国王様の諌めるお言葉が出てればより確実だったけど。

やっぱ行くかな。
by uraniwaneko | 2008-12-13 06:56 | 2008年末_上海・タイ