人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

2010年 01月 28日 ( 1 )

サンタクララで馬車に乗る

サンタクララからトリニダーに移動するときにちょっとだけ馬車に乗った。

明らかに外国人は乗れない乗り物だろうけど、勢いで…。

というのも、バスターミナルまでデジカメ片手に写真撮りながら歩いていて、途中でまったく時間が足りなくなってしまい…。(やっぱ遠い…)
バスは1日1本で逃せばまた1泊するしかなく、あせってタクシーを捜すもまったく来ない。もう目の前に来た馬車に乗るしかないじゃん!
と止めてみたら、あせってるのが分かったのか意外と簡単に乗せてくれた。満員だったが乗客の人々も少しずつ私の場所を開けてくれたり…。私のデジカメを珍しそうに見て笑いかけてくれたり…。

なんだか心やすらぐひととき。

だったんだけど、馬車って「ハイヤーッ(時代劇ね)」みたいに行かず、ポックポックポックってな感じで進むわけ。
明らかに歩くのとそうたいしてスピードが変わらず、しかもバスターミナルまで行かず(一応、乗るときに確かめたけどね)。

あと5分もない!
ちょーあせって、結局、声かけてきた白タクで行ってぎりぎり間に合ったけど(バスは意外と時間通りに出発してたと思う)。

その馬車降りるとき、お金払おうとしても馬使いのおっちゃんは受け取らなかった。人民ペソでもcucでも。
外国人を乗せちゃいけないことになってるからだと思うんだけど、そんな原則無視してcucをたかる人もハバナなんかではいっぱいいるのに…。
サンタクララはまだこういう人がたくさんいるんだろうなー。
乗せてくれてありがとね、おっちゃん。

c0031296_8562128.jpg
by uraniwaneko | 2010-01-28 08:54 | 2009.3メキシコ・ガテ