人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

2009年 08月 08日 ( 1 )

キューバ物価、最初の壁は空港タクシー

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

カンクンからキューバまでのフライトは約1時間。
*そういえばカンクンでは出国審査がなかった。というかセキュリティ通過してしばし歩くとゲートについてしまい、あわててイミグレを探してしまったが、必要ないようだ。空港で出国審査ないのって初めてのような…。出国税は高いけど。

ま、とりあえずハバナにあっちゅう間に到着。
キューバのイメージはいつも真夏の太陽がぎらぎらしてるようなまぶしいカリブの小国。
でもその日はくもりでどんより…。

出鼻をくじかれたが、ひとまず両替。
1ユーロ=1.16cuc
1ドル=0.8cuc
で1ユーロ130円、1ドル100円換算の場合、
ドルを持ってくとユーロより1割くらい少なくなる感じ?
やっぱドルって率が悪いんだな。

ちなみに両替は町中に両替所もある。
銀行もできると思うが、えらい行列だったので両替所の方が便利だろう。
ついでにいうと、以前は外国人紙幣はキューバドルと呼ばれていたか(紙幣自体は違うんだろうが)、もしくは米ドルがそのまま使えたのかもしれないが(ここらへん不明)、そのなごりかcucをドルと呼ぶ人がいたりするので、けっこうややこしい。
例えばcucショップをドルショップといったりね。


それはさておき。
両替が住んだらまずは市内までタクシー。

キューバではクラシックカーのタクシーが有名だが、あれは外国人は使えない。そもそも空港では見なかったが。
路線バスは空港から離れたところにあるらしいが、これまた外国人は乗れないとされている(実は帰りは乗った。その顛末はまた後ほど)

なもんで到着時は空港タクシー利用になるのだが、目安がハバナ市内まで25cuc。30分だか乗って、ドル換算すると30ドルくらいだから、けっこう高いでしょ?

市内から空港まで乗ると20だか15cucらしいという情報があったので、近づいてくる空港タクシーのおっちゃんにまずは15で提案するも、まったく相手にされない。
彼は「オフィーシャル」を連呼し、さらにまけさせようとするとスペイン語でまくしたて、怒りまくり。
えっと…こっちが客ですけどー。ああ、社会主義…?。

一応、カンクンで両替してユーロを持ってきたが、実はそれほど余裕がない。
(実際、相場より安い宿があったから足りたようなぐらい)
誰かシェアできる人がいないだろうかと探すもそのときは一人旅のパッカーらしき人がおらず…。

で、また近づいてきたおっちゃんと前述のやりとりをして私たちの仲はさらに険悪に(笑)。
というのを3回繰り返し、4回めに「20でいい」ことになった!
正直、すでにディスカウントは無理だと思ってたので、ちょっと嬉しかった。15じゃなかったけど。
by uraniwaneko | 2009-08-08 06:57 | 2009.3メキシコ・ガテ