人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

秩父で釣り

景色のいいとこ行きたいな~。
疲れてくるといっつも思う。

あきらめ悪くゴールデンウィーク旅行のベトナム(の田舎方面)を検討してたのも、きっとそういうことなんだろう。

何もベトナムじゃなくていいじゃん、ってことで秩父。

秩父は何度か行っているが、日帰りで行ける近さでけっこうな田舎なのでお気に入り。

めちゃめちゃ天気のよかった5月4日に釣りに行ってきた。

釣りといっても、管理釣り場だけど…。
しかも車があるわけじゃないから行ける場所は限られる。
だから選んだのは西武線芦ヶ久保駅から1km程度の芦ヶ久保国際釣り場(だっけ?)。


今まで釣りなんて、釣堀3回くらいかなー。
最後の釣堀が学生時代だから、かな~り前。
しかも自分で針をはずしたことないし。
釣ったのはフナとか鯉だったような。

程度の私だから、こんなもの。
でもここの釣り場は、一応自然の川を利用したものなので、釣堀よりは気分が味わえるんじゃないかと。

まあ、行ってみた感じでは、ロープで区画された川に、レジャーで来た親子連れ満載で、そんな自然の中で釣りなんていうのは幻想なんだけど(笑)

魚はマス(が一番安い)。
1時間に1回、放流してくれるので、放流直後は釣れる。
開始直後に私のところに放流してくれたので、早速釣れてしまう。
やった~と喜んだのはいいけど、これどうやってはずすの?状態。
後ほど、針はずしなる器具が備え付けられているのに気づいたが、このときはいきなり釣れたので、そんな余裕なし。

一生懸命、手ではずそうとしている内にマスご臨終…。
あばれたので血だらけになってるし、ものすごい罪悪感。
この可哀想と思うところが、ド素人なんだなー。

ここは管理釣り場で逃がしてもすぐ誰かに釣られる可能性は高いので、キャッチ&リリースなんて意味なし。

このときまで釣った魚をどうするかを考えてなかったけど(おい!)、殺してしまったのなら食べましょう。
ということで、それ以後、躊躇なく針をはずせるようになった(成長したな)。
針はずしを使うと簡単。
まあ、傷ついて活きは悪くなるけど。

死んでしまったのと共に、ビク(無料で使える)に入れて水にひたしておく。

釣果は2時間2人で8匹。
さおを借りてる(つまりさお代を払ってる)ので、さばくのも兄ちゃんがやってくれるし、食事ところで焼いてもくれる。
まあお手軽にできるようになってるわけね。

本当は管理釣り場じゃないところで釣って、自分でさばいて、川原で火をおこして串にさして焼くなんてのをやってみたいけど、まだまだハードルが高すぎる。
そもそも釣れる保障もないしね。

とりあえず体験ってことで。(でももう管理釣り場は行かないかもな…)

c0031296_6282265.jpg料金はけっこうする。ここはまだ安い方で時間払いが可能。大人2時間2400円。さお代も入ってたかな?

c0031296_6284433.jpgエサのいくらと何とか虫の幼虫。この幼虫が弾力あるので、針がなかなかさせない。生きているので躊躇するというのもある。食べるのは割りと躊躇ないくせにね…。hpでエサ代(300円)無料クーポンをゲットできる。

c0031296_629876.jpg本日の釣果。

c0031296_6293412.jpg塩焼きマス。淡白なので意外と数食べれる。ごはん&味噌汁セットも頼める。

c0031296_630016.jpg釣りの後は、ウォーキング。一応、ウォーキングルートだけど車道でもあるので、歩いている人は少なかった。坂道が多いので、いい天気だけにかなりキツかった。

c0031296_630263.jpg

c0031296_6304292.jpg

by uraniwaneko | 2008-05-31 06:30 | 日本