人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

トルコのこと教えてもらいました

今日は今年の春(夏?)トルコにいったミシュスちゃんに話を聞かせてもらう。前に通ってた彫金のアトリエにお邪魔したので、久々に皆様に会いたかったのもある。案の定、長々と関係ないおしゃべりをして皆様の邪魔をしてきてしまった…。ちょっと反省。

ま、それはさておき。
ミシュスちゃんは、今、お金があったら一番行きたい国はまたトルコだそうだ。そう聞くとトルコ気分が高まるね。

彼女はツアーなので安宿情報は持ってなくても、イスタンブールとカッパドキアの様子を聞くことができた。
実際行った人の話を聞くのはやっぱ心強いよ。
そして物価とか、食事とかカッパドキアツアーの値段の目安とか。これにネットで旅行記を読めば、おおよその予算は出るかな。
実は思ってたより高かったが…(泣)。


ついでに今日は旅に必要なグッズを買う。
アジアにはそれなりに行ってるわけなんで、旅グッズはそろっているのだが、タイの知り合いの家に預けてあったりするんだなー。今まで何預けたか忘れてたけど…。ここにないってことはあっちにあるんだろうなー。


・貴重品入れ(首に下げる、腹にまく身に着けるタイプ…今回いつもより持って行くお金が多そうなんで分散用にあった方が無難だろうなあ)
・分散用の財布
・探索用の布バックの類
・サングラス
・洗顔グッズ・化粧品の試供品(旅行用の簡易ブラシとか歯ブラシとかも)
・常備薬の類
・簡易目覚まし時計(早朝出発が多い地域で割と必須)
・手ぬぐい(薄くて乾きやすいので重宝)
・ビーサン(安宿はトイレにシャワーがあるケースが多いので。ないとびしょぬれのトイレの床をはだしで歩くことになる。今回はスニーカーだから濡らしたくないしー)
・旅先で捨ててきてもいい服&下着&帽子


こんな感じのものを置いてきてしまったようだ。ほぼすべて?

もともと旅先で購入したものも多いのでアジアなら「じゃ、現地で」なんだけど、トルコっていちいち物価が高そうだよ(アジア比)。100円ショップの方が安いかも。なるべく余計な出費は抑えたいしな。

ってことで100円ショップにないものはあきらめ。
でも薬はさすがに100円ショップにないので、「今、欲しいのよー!」という食あたり・下痢止めと酔い止めだけにする。後は必要になれば現地で購入だな。これはケチっていられないし。

しかし一番欲しいものはザックだったりするんだけど、どうしよう?
また25リットルのデイパックで行くか?(ザックはこれしかない)正直インドネパールで防寒着が必要な国はこの容量はキツいと思ったが、まあなんとか行けたわけなんで…。

他のものはともかくザックだけは、しっかりしたものがいい。
アウトドアファッションブランドじゃなくって、一応ちゃんとしたトレッキングブランドのもの。
私のザックはミレーのデイパックだが、肩紐(ハーネスっていう?)と背の部分に吸湿性(脱湿性?)にすぐれたクッションバッドが入っている。肩や背中が痛くならないし、汗でびしょびしょになることもない。もちろん軽く防水(かなり老朽化したんでこれはもう駄目かも)。
35から40リットルだと中が二つにわかれてたり、ポケットもたくさんあるかも。でも1万5千円はするよなー。ミレーだともっと高いよ。長く使うものだから使い勝手のいいもの選びたいしなー。あと3日で気に入ったもの見つかるかな?

と考えると面倒くさくなってきた。
やっぱ25リットルで??
by uraniwaneko | 2007-10-07 22:24 | 2007.10 トルコ