人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

カンボジア・アンコールワットへの旅

バンコク滞在後、3/4-3/8までカンボジアのシェムリアップに両親と共に行ってきた。
今回は旅程も短く、シェムリアップ一カ所滞在でもろアンコールワット観光。
宿はゲストハウスだが、車の手配も出来、行き先もツアーとしてだいたい組んでくれているのでそれを利用した。トゥクトゥクやバイクの手配も可能で、一人ならこちらの方が断然安いが、さすがに両親と一緒なので車。
でも3~4人いれば車もそれほど割高でもないので、遠出するなら冷房効いていてホコリも入らない車もおすすめ。

シェムリはこの時期、乾季の暑い時期突入って感じで、チェンマイの暑季くらいの暑さ。どこの遺跡もそうだろうけど、日差しを遮るものが少ないので帽子や長袖などの日よけは必須。

で、今はベストシーズン(の終わりごろ?)なのか知らないが、観光客の多いこと多いこと! 日本の大学生が春休みに入っているせいもあって日本人も多いが、一番多いのは韓国人。
ソウルからアシアナ航空が直行便を飛ばして以来、韓国人団体客が押し寄せているとか。車で通るだけでも沿道の韓国レストランの多さにはびっくり。ほとんどの遺跡で、ハングル語が入った複数のツアーバスをみかけ、当然遺跡でもハングル語を話す団体と鉢合わせ(もちろん日本人団体も多い)。
バリ島とかタイとかでは台湾人団体客を多くみかけるが、韓国人も負けてない。おそるべし韓国パワー。

てことで、遺跡そのものに格別興味があるというわけでない私にとって、この人の多さは暑さもあってちょっと辟易…。年末にいったカオ・ヴィラ・ヴィハーン(プリアヴィヘア)みたいに周囲の風景も素晴らしくて、人もそれほど多くなく気分ものんびりできるってのがいいなあ。

そういう意味では、まだあまり観光客が足を伸ばさない「ベンメリア」がすごくよかった。廃墟の遺跡って感じで雰囲気ばっちり! 足場が崩れていたりするのを乗り越えないといけないので、割と危険だけど…(だから団体客のコースには入っていないのだろう)。
by uraniwaneko | 2006-03-15 08:31 | プチ旅行