人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

のどかさ一転、トリニダーのしつこい客引きにうんざり

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

サンタクララでバスに乗る前、「ちゃんと来ました」的なチェックを受けるんだけど、「30分前に来い」と文句を言われつつ、ぎりぎり間に合ってほっ。

もう一度来たくなる町だったな~なんて余韻に浸りつつ、次のトリニダーへの期待が高まってたわけだが、バスを降りて唖然。

ターミナル(というほど大きくないが)の入り口に宿の客引きずらり。
降りた外国人は欧米人カップルが二組、韓国人友人同士(女性)が一組、そして私。

その私を見つけるやいなや「ジャパン、ジャパン~」と大合唱。

さすが観光地!
ターゲットは私だけらしく、外国人は断られるとさっさと通すくせに、私の周りにむらがることむらがること。
最初は「ジャパン」だと思われてた韓国人も、うまく切り抜けて、私はますます窮地に…。

こうした客引きに囲まれることはインドをはじめ、何度かあった。
が、しつこさが違う。必死さが違うというか…。人相が一様に悪い。たとえ笑っていたとしても。

ためしにサンタクララでTさんが紹介してくれた宿の名前を呼んでみると、みなが「うちだ~」って(笑)

無視して逃げようとしても、腕をつかまれる。
怒って、逃げてもまた別の人につかまる。
というのを何度も繰り返し、「いいかげんにしろ!」と怒鳴っても、また別のがやってくる。

しかも喧嘩も始まる。
ちなみにしつこいのは皆、女性。

今までは客引きには何となくルールがあった。
誰かが交渉を始めると、話が終わるまではその人に交渉権みたいなのがあたえられてるのか、まあそんな露骨に邪魔してこないわけだけど、ここは邪魔しまくり。
うちが、うちが…ってそりゃ喧嘩にもなるさ。殴り合いに近いことにもなってたな。

結局、しつこさno1の女性についていくことにした。そうしないと事態は収集しない。
感じがいいとはいえないが、英語が話せるのと安かった(15cuc)から。
私たちが宿に向かおうとする際にも、こんちくしょう的な野次が飛んだり…。

なんなんだ、ここは…。

トリニダーの最初の印象はすこぶる悪いものになった。

c0031296_7303359.jpgサンタクララのバスターミナルにもゲバラ

c0031296_731325.jpgターミナルではトラックの荷台にのるタイプを見かけた。アストロにしても普通のバスは高いだろうから、こういうのもやっぱあるよね。もちろん外国人は乗れないだろう

c0031296_7312387.jpgむらがる客引き。いっせいに「ジャパーン」と声かけられると前に進みにくいって!


by uraniwaneko | 2010-02-13 07:29 | 2009.3メキシコ・ガテ