人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

ホンジュラス/テラ・宿

メキシコ・ガテマラ・キューバほか7カ国旅行:2009年3月1日~5月5日

テラ自体の印象は薄かったが、宿は濃かった。

まずトイレ。
紙は流さず脇のカゴに捨てるのだが、部屋にゴミ箱がないので、掃除しても紙用のガゴがすぐに食べ物の残骸や容器などでいっぱいに…。

しかも紙もトイレットペーパーがすぐなくなるので、持ち帰り食べ物を包んでくれる新聞紙を使ってる人が多いらしく、狭いトイレはガゴに入りきれない新聞紙が散乱してけっこうな有様。

そして1フロアにひとつしかないのに、2日目くらいに水がぜんぜん出なくなった。

トイレのふたを開けてびっくり。
○○○がてんこ盛り!
何人分?

別に水道が止まってるわけじゃないので、バケツを使えば洗面所の水で流せないこともない。

何度か人様の物を流させていただいた。
小さい子供も何人かいるせいか、なぜか壁にへばりついている物もあったのだが、それは見なかったことに。

そしてトイレのドアの鍵が壊れ、もともと閉まりが悪く、鍵がないと半開になるので手で押さえてないといけなくなった。そのせいで開いたまましてるおじさんなんかも見かけるようになった。

次がシャワー。
シャワーといっても単なる上についてる蛇口から水が出るだけ。
電気はついてなく、壁の上部からもれてくるトイレの明かりを頼りにするしかなく、完全に日がくれると手探り状態。

物をかける場所もなく、私はなんとかネジに引っ掛けてしのいでたが、他の人がどうしてたかというと、
男性は手に石鹸を持ち、裸の状態でバスタオルを腰にまいて部屋からそのまま往復。
女性も同様、バスタオルの位置が上に上がるだけ。
なるほど、それなら着替えを引っ掛ける場所を気にする必要もないわな。

そのままついでに洗面所で歯などを磨いてる人もいて、廊下は半裸体の人がけっこういたりすることも。

テラスでそのままタバコを吸ってる兄ちゃんと話したことあったが、椅子に座って股を開きかけなのでこっちがちょっとハラハラした。その兄ちゃんは警官でセマナサンタの警備に来てたらしく、腰にタオルを巻いた状態で背中に大きな拳銃を差していた。
無防備なんだか、そうでないんだか…。

とまあ、なんというか、皆くつろぎすぎ?
こんな状態だから宿泊客同士もよくしゃべっていて、
若い子たちなんかは大勢で雑魚寝してて、部屋のドア開けたまま、音楽かけてたりするんで、宿全体がかなり煩雑でにぎやかな雰囲気。

私にもよく挨拶してくれたし。
なんだか大きな家族で生活してるみたいだったな。

これが私の優雅なカリブの休日の実態だが、これはこれでおもしろかった。
by uraniwaneko | 2009-07-21 11:50 | 2009.3メキシコ・ガテ