人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

タイへはじめての海外送金

はじめての海外送金。
興味もあって、事前にいろいろ調べてみた。


<ゆうちょ銀行>
ゆうちょ銀行が手数料2500円で一番安い。
が、現時点でタイへの口座振込みはできない。そんなマイナーな国じゃないだろうよ~。ゆうちょがんばってくれ~。

<バンコク銀行東京支店>
次に考えたのがバンコク銀行の東京支店。
バンコク銀行の口座を持っているので、東京からタイの自分の口座からの振り替えを依頼…は無理。ま、そうだと思ったけど。
しかしタイへの送金手数料はさすがに3000円と安い。
が、郵便での事前登録制で数日を要するのでこれは無理。
ただ、もしかしてタイ国内の電話振込み依頼サービスとか利用できたのかな? でも国際電話でつながるかわからんし、通話料もかかるけど。そしてこれも登録制? だが、何より面倒。こまかい銀行用語の英単語が出てきたらアウトだし。

<そのほか>
シティバンクとかあるけど、口座もってないのでよく調べてない。そのほか留学生だとさすがに専用の送金サービス手段があるみたい。私は関係ないけど…。

<都市銀行>
結局、普通の銀行。
多少高くても、会社のそばで振り込めるのが一番面倒ないわな。
2都市銀で聞いてみて4000円~5500円目安。これも支店によっては海外送金できないらしいが、会社の近くではできるらしいので。


●それ以外に海外送金で必要になるお金
ちなみに海外送金の場合は日本側の送金手数料のほかに、為替手数料および受け取り側の銀行手数料も考慮にいれなくてはいけないらしい。

為替手数料(この場合、日本円からタイバーツ)は振込み額が小額なのでこれは気にしない。一応聞いて込みのレートで2.69と2.7くらいの違いだし。

タイの銀行の手数料は…、これって日本側だと分からないらしい。途中の送金ルートによって違ったりするらしく。
支払い方法が2つあって、1つは日本側で振込み金額と別に預かるもの、こちらが(多分これ以上にはならないだろうという設定の)2500円だか3000円くらい(つまり合計で7000円~8000円!)。これの注意点として、最初に日本側で預かったとしても、別途支払い先(宿)に請求されたり、振込み金額から引かれてしまう二重取りの場合があるとか。(タイ…、ありそうだよ)
そして2500円だか3000円もかからなかった場合はどうなの?って感じだし。

もう1つは日本側で「支払わない」にしておき、必要なら支払い先で支払ってもらう方法。
こちらにして、ま、宿側は払うわけないから、振込み金額に宿に請求されるだろう手数料分を上乗せして振込みしてみた。これなら少なくとも二重取りは避けられる。
3000円(約1100バーツ)は多すぎでしょと思い、バンコク銀行で500バーツ預かるといってたのを参考に900+500で1400バーツ。
手数料が500バーツ以上じゃなければいいけど~。

宿には一応振込み証(宿側からの依頼でメール添付:小さな島にしてはしっかりした担当者だな…)と、手数料上乗せの件を連絡して、一応予約OKになった。

ということで支払い金額
某都市銀で
都市銀手数料4000円(3~4日かかる:至急は5000円)
振込み額1400バーツ(3780円・1バーツ2.7円レート)

合計7780円なり~。

つ、つかれた。

結局、5000円以上(約1950バーツ)手数料を払うことになり1泊あたり650バーツも上乗せ…。いつもなら650バーツだけでも3泊はできそうだな。ま、それは言うまい。→言ってるけど。
これでも近くのチャーン島あたりの宿をオンライン予約するよりは安いってのが怖いね。ま、今から予約がとれる可能性は低いだろうが。
by uraniwaneko | 2008-12-15 07:23 | 2008年末_上海・タイ