人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

タイの宿からデポジットの請求が届く

タイ、やっぱ行くかな。

と思い始めたころ、予約できてるかわからなかったタイの宿から「15日までにデポジット払わないとキャンセルするよ~ん」というメールが来た。(ちなみにやりとりはタイ語でなく英語)

…上海の宿は、経済的な宿が予約できる英語サイトで予約したので、デポジットはネットのクレジット払い。

タイの方はなんせ3~4件しか宿がない規模の島だったので、そうした予約代行サイトから予約できない。

当然、デポジットはタイの銀行口座振込みのみ。つまり日本の銀行から海外送金することになる。
デポジット自体は1泊1000バーツ×3日の3割で900バーツ(最近のレートで2500円くらい)。
1000バーツって私がタイで泊まる宿にしては高いけど、年末の島(ビーチ)にしては多分だいぶ安いほう。そして年末の島は予約しないと泊まれない可能性が高い。たとえ比較的マイナーな島だろうが、空港占拠があっただろうが(ま、タイ人も多く行くだろうし)。
予約を取り消して、島以外のタイの地方へ行くことも考えたけど、せっかくだし。
タイの海、みたことないんだよな~。と思って予約決行。


ここで問題なのは海外送金手数料。
海外送金はしたことないけど手数料が高いことだけは知っている。デポジットより高い、というバカなことになるはず。

他に安い手段はないのか?(為替…は時間かかりそうだし相手側が面倒そうだから駄目だろうなあ) 
と探してみたが、paypalとかだと多分、相手がpaypalにアカウントを持ってないと駄目だし、私自身も受け取り側の仕組みに詳しいわけじゃないから理解してもらうのが無理だろう。しかも別件でpaypal払いがうまくいかなかったこともあるし(なぜか何度やっても最後でエラーになる)


よし銀行の海外送金で払おうじゃないか!
そしてタイに行くぞ。→こんなことが決定打(笑)
by uraniwaneko | 2008-12-14 07:00 | 2008年末_上海・タイ