人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

マンチョン往復・その2

インドネシア・カリマンタン島旅行:2008年7月31日~8月11日

マンチョンからの戻り、乾季のはずが大雨。
屋根はあるが、横からも雨粒がどんどん入ってきて、船底にたまってくる。
とても先に進めないということで、大きな木の下で雨をやりすごすことに…。

そこで兄ちゃん、日本語会話の本を出してくる。
日本語覚えたいとのことだが、ここで日本語覚えても使う機会少ないだろうね…。

と思いつつ、兄ちゃんが指差した日本語訳を見ると
「結婚した」。

こう来たか。
私を指差すので当然私が結婚してるかを聞いている。
そんでほめ言葉が続く。

あ~悪い人じゃないんだろうけど、こうなるのは仕方ないんかな~。バリ島ならある程度は覚悟してるけど、こんな場所でやられるとがっかりだよ。
早く雨やまんかな~と思いつつ、適当に受け答えする。


小一時間ほどたって、小ぶりになって兄ちゃんをせかして宿近くまで戻ると、もう快晴。ちょっと気分も晴れた。


宿に戻ると、欧米人カップルが茶を飲んでいた!
言葉から推測するにイタリア人。
ガイドがいるので彼らはサマリンダからツアーでやってきているのだろう。
ガイドがマンチョンまでチェスで行けたか聞いてくる。
この時期、水位が低いので下手したら行けない可能性があるのだろう。

ついでにこの先、両替できるか聞く。
彼いわくMelak(メラッ)には銀行が1軒あるけど、そこでは無理。
でもATMがあって、クレジットカードがあればツーリストはそこでキャッシングができるとのこと。
おおっ!有益な情報が…(実際はMasterしか駄目だったので、できなかったんだけどね。)

明日はメラッ目指すぞ!

ちなみにツアー代金は、ツーリストが少ないだけにかなり高いと思われる(数百ドル?)。
ま、高いだけに、ガイドが食材持参で作る食事はここでは考えられないほど豪華だった。
私はその横で屋台でかってきたバクソ(つみれ入りの麺6千ルピア=70円くらい?)すすってたけど。

c0031296_735719.jpgマンチョンは入域料が必要らしく、兄ちゃんがお金払って(多分、そんなに高くない)、名前をかかされた。ここに土産物が売っていて、カリマンタン様式の模様のカゴとか、ヤリとか売ってた。値段は数十ドル相当のものもあってけっこう高かったような…。ルピアが少ない私は当然買ってないが。

c0031296_741711.jpgラミン。小部屋が長屋のように並んでいる。部屋の中は見せるようになってないらしく、外のようにキレイではない。
c0031296_743752.jpg

c0031296_75234.jpg近寄ってくる子供たち。途中の集落の子よりいい服を着ている。一応、観光地で多少は潤っているのか。

c0031296_751667.jpg生活用水は河の水を使うのか身振り手振りで聞いたところ、これを指された。多少はキレイな場所から水を引いているということだろうか?

c0031296_754025.jpg帰りに見たカワセミ?かな。けっこう飛んでいたが、撮るのは難しい。

by uraniwaneko | 2008-11-30 07:03 | 2008.7.31カリマンタン島