人気ブログランキング |

裏庭の猫 in Chiang-Mai(現在日本在住)

ブログトップ

インドネシア・カリマンタン島・マンチョン往復

前回からだいぶ時間があいてしまったが気を取り直して…。

インドネシア・カリマンタン島旅行:2008年7月31日~8月11日

結局、ボートの勧誘されずに宿に戻ってしばし休憩。
言葉ほとんど通じないけど、宿のおじちゃんに頼んでみる?

なんて考えてたら、英語が話せる高校生くらいの男の子が登場。
おじちゃん、おばちゃんの息子にしては若いので孫かな?
そして当然のようにボート(チェス)の兄ちゃんともなって、マンチョン行きの勧誘が始まった。
ちなみにこっちの兄ちゃんは片言しか英語が話せない。

最初の言い値は忘れたが、確か35万ルピア?。
最終的には30万ルピア。(約30ドル強)
両替のときの心積もりが20万ルピアくらいなので、ますますルピアが足りなくなるけど、仕方ない。
もちろんドル払いはできない。銀行ないからそりゃそうだよね…。あっても受け付けてくれないとも思うけど。

料金交渉で私がなかなかok出さないので、モトサイも提案された。乾季はモトサイでも行ける。
こっちは…値段忘れたけど、チェスに比べると割安。
でも河をいかないと魅力は半減、というか河を行きたいので安くても却下。

つーことで、10時半に約束。
ま、約束っつったって適当なんだろうと思ったが、チェス兄ちゃんは私のタイ携帯よりステキな携帯を持っていて、それを示しながら「もし時間を変えたいなら電話くれ」と番号を教えてくれる。

珍しく時間に正確な人?なんて思ったが、結局来たのは11時。
ま、こんなものよね。
携帯を自慢したかったのかな。

そしてマンチョン。
途中、集落をいくつか通過して子供が手を振ってくれたりしてかわいい。
2時間くらいで到着。

タンジュン・イシュイより小さい集落なので、さらにのどかな雰囲気。
ここではロングハウスのラミンを見学。
すでに人は住んでないけど、観光客用にか外側は木彫りなどがきれい。中はがらんどう。

めちゃ暑かったけど、ぐるりと散歩して、昼食。
ワルン(食堂)はないみたいで、雑貨やでインスタント麺を買って作ってもらう。

そして帰る(笑)。

見所としてはラミンしかないし、バリ島とかだったらこれで30万ルピアは高いと思うけど、まあ仕方ない。
河好きなのでそれだけでよしとする。

c0031296_6572038.jpg途中の集落にはこんな感じの家が並ぶ。

c0031296_6574362.jpgまたこの鳥が方々にいた。

c0031296_658859.jpgオランウータンはいないけど、天狗猿が…。動きが早いので難しくてほとんど撮れず。唯一取れたのがこれだけどまだ子供かして顔があまり天狗じゃない。

c0031296_6583545.jpg下はマンチョンのトイレ。集落の真ん中に流れる河の上にいくつかある。ここで洗濯とかもするんだろうけど、それは深く考えないことにして。
c0031296_6585966.jpg

c0031296_6592117.jpgトイレの番人(笑)。戻ってきたときもここで寝ていた。

by uraniwaneko | 2008-11-29 06:55 | 2008.7.31カリマンタン島